【アジア杯】「大迫と原口の安心感たるや」「中島がいないとこんなに違うのか」日本代表のアジアカップ初戦をファンはどう見た?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月10日

左サイドは“乾待望論”も浮上

初戦に勝利し、ひとまずはほっとした様子のサムライブルー。ヨーロッパ組にとってはこの暑さも過酷だったか。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現地1月9日に行なわれたアジアカップ2019の初戦、森保ジャパンはトルクメニスタンと対戦し、3-2で勝利を収めた。試合は先制される展開だったが、大迫勇也が後半に2発、堂安がアジアカップにおける日本代表歴代最年少ゴールを加え、辛くも勝利した。

 アラブ首長国連邦(UAE)で開催されている同大会だが、日本のサポーターの注目度は非常に高く、ネット上では様々な盛り上がりを見せた。

 薄氷の勝利ながらも勝点3を手にしたことについては、「勝ててよかった。とりあえず3ポイント取れたことは大きい」「森保ジャパンは無敗記録を継続したな」「大迫と原口の安心感たるやハンパない」「ベタ引きの相手から3得点はすごい!だけど失点の仕方が酷すぎるのが気になる」といった安堵が広がっている。

 そう勝利を喜びながらも、サポーターの声で最も目立ったのは、開幕直前で参加を断念した中島翔哉についてだ。「中島翔哉が居ないとこんなに違うかねぇ」といった声をはじめ、不在を嘆く声が相次いだ。

「中島翔哉がいないだけでこんなにリズムが悪くなるのか」「南野と堂安、前線が中島のタイミングで動いてたんだなあと改めて感じた」「中島が居ないから攻撃がつまらない」「結局…中島翔哉 の重要性を改めて思い知らされる試合でしたね…南野推しとしては悔しいけど…」「こういうドン引きした相手に中島がどうプレーするのが見たかった」「”中島依存症”なことが分かってしまった感がある」

 だが、左サイドに入り、大迫の1点目をアシストした原口元気の働きには、改めて信頼が寄せられている。「やはり原口、ベテランはこういうときに働く」「頼れる人がいてよかった」「最後まで走り続ける根性があるのはやはり元気しかいない」といった称賛もあった。

 また、追加招集された乾貴士にも「このチームで乾がプレーする姿も見たくなった」「UAE暑そうだけど、スペインも暑いんだしちょうどいいのでは?」「乾の仕掛けるプレーが必要になるタイミングが絶対来る」と待望論が浮上した。

 このほかに目立った声としては、先制点を許した守備陣の連係や、柴崎岳のコンディションを気遣う声、UAEの30℃を超える過酷な暑さが日本代表の思わぬ敵になるのでは、という声などが上がっている。

 なんにせよ初戦で勝利したことは、森保ジャパンにとっても安心材料に違いない。次の試合は1月13日に行なわれるオマーン戦だ。森保監督率いる日本代表の戦いぶりが注目される。

【日本代表PHOTO】日本3-2トルクメニスタン|森保ジャパン、ハンパない大迫と堂安のゴールで初戦を勝利で飾る!

【日本代表PHOTO】灼熱のスタジアムに「清水エスパルス」のユニフォームを発見!サポーター特集♪

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ