【釜本邦茂】今大会の嫌な流れにハマりかけた森保ジャパン。堂安律にはさらなる進化を期待!

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月10日

数年前の日本代表を見ているような感覚に襲われた

初戦を苦しみながらも白星で飾った日本。しかし、決して手放しで称えられる内容ではなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アジアカップのグループリーグ初戦で、日本はなんとかトルクメニスタンに3対2で勝利した。先制を許したあと、後半3点を奪って試合をひっくり返したものの、終盤にまた押し込まれて、1点差に詰め寄られながらも逃げ切った。FIFAランキングがすべてじゃないけど、127位のチームを相手にちょっとあたふたし過ぎた感は否めなかった。


 相手が守備に軸足を置いてくることは分かっていたはず。奪ってからの鋭いカウンターがほとんど唯一の武器と言ってもいいチームだ。そうした相手に、前半は足もとでつなぐパスばかり。もちろん、背後にスペースなんてものはないから、そうやってつなぐしかないのだけど、なんだか数年前の日本代表を見ているような感覚に襲われたものだ。

 少なくとも、昨年の9月に発足した森保ジャパンが土台としてきたサッカーでなかったのは明らか。足もとへのパスで状況が打開できないとみると、無理に縦パスを通そうとして、今度は逆襲を食らう。うまく緩急をつけてリズムが出てきたなかでクサビを打ち込まなければ、相手も日本の狙いを把握して容易にインターセプトできてしまう。大迫や南野が密集でボールを受けると、すぐに取り囲まれて奪われる場面が多かったし、それでも大迫は惜しいシュートシーンを作っていたけど、確率の高い攻めではなかった。
 
 やはり長短のパスを、緩急をつけながらいかにテンポ良く回して、ゴール前に引いた相手の組織をずらせるか。そしていい流れでサイドでの1対1を作り、堂安や原口の個人の突破力を引き出せるか。そうした場面が生まれれば、サイドバックの長友や酒井とのコンビネーションも活きてくる。

 今大会の初戦を見ていると、どうもボールキープできるチームが劣勢の展開を強いられている。一見、試合を支配しているようだけど、いかに守って少ないチャンスを活かすか、という戦いを挑んでくるチームの術中にハマっているようだ。それがオーストラリアやタイだったと思うし、トルクメニスタン戦の日本もまさにそのパターンにハマりかけた。ボールキープできただけでは試合は支配しきれない。ボールキープの質、ゲームメイクの質、そしていかに効果的に仕掛けられるかが重要なんだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ