【高校サッカー勢力図】2018選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキングを発表!! あなたの出身地は何位?

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月14日

昨年から順位を上げた都道府県の特徴は?

都市大塩尻が出場する長野は19位から15位にランクアップ。地元出身者を多く揃えた結果が順位に反映された。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

第97回全国高校サッカー選手権
出身都道府県別 出場選手数ランキング(12~30位)
※( )内は地元代表校の出身者数
12位:愛媛……36人(30人)昨年15位↑
13位:北海道……35人(30人)昨年19位↑
   :岐阜……35人(29人)昨年32位↑
15位:長野……34人(29人)昨年19位↑
16位:和歌山…33人(30人)昨年38位↑
    山口…33人(30人)昨年33位↑
    高知…33人(30人)昨年24位↑
19位:広島……32人(24人)昨年10位↓
    熊本……32人(19人)昨年12位↓
21位:富山……30人(29人)昨年24位↑
    京都……30人(19人)昨年15位↓
    奈良……30人(26人)昨年8位↓
24位:三重……29人(26人)昨年15位↓
25位:岩手……27人(27人)昨年29位↑
    徳島……27人(26人)昨年24位↓
    鹿児島……27人(23人)昨年19位↓
28位:秋田……26人(24人)昨年28位→
    宮崎……26人(22人)昨年29位↑
30位:福井……25人(25人)昨年19位↓
 
 12位から29位を見ていくと、興味深い結果が出た。この19チーム中17チームのメンバーリストを見ると、8割が地元出身なのだ。昨年38位の和歌山と同33位の山口はオール県内育ちの選手で固め、16位に名を連ねた。また、和歌山、山口も出場チームがそれぞれ登録選手全員を地元出身のプレーヤーで揃えたため、一気に順位が浮上。15位の長野も29名が同様の形で、昨年に続き上位をキープする結果となった。
 
 一方、昨年のトップ10組では広島(昨年8位→今年19位)と奈良(同10位→同21位)がランクダウン。いずれも地元出身者が登録リストの8割以上を占めていたが、他都道府県からの出場者が伸び悩んだ影響を受けた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ