【仙台】指揮官も認める“今最もゴールに向かえて、調子に乗っている男”が初タイトルの鍵を握る!

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2018年12月06日

プレーの幅が大きく広がり、結果を残すFWへ進化を遂げつつある

最終ラインの裏に抜けるスピードとともに、結果を残せるFWへ進化を遂げつつある。決勝でもゴールという結果を示せるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 渡邉監督は今の活躍は努力の賜物であることも語った。
「足回りの技術的な部分は、飛躍的にここ数か月で改善されました。毎日居残りでコーチ陣がつきっきりでやってくれている成果の賜だと思いますけれども、なんとなくフィーリングを掴めているのではないでしょうか。まずはその足回りが落ち着くから顔も上がる、相手と駆け引きできる、自分のストロングを発揮できる、そういう好循環が生まれているなと思います」

 足もとでのボールコントロールの向上により、これまであまり無かったポストプレーでもアシストという目に見える結果を呼び込んだ。加入当初はスピードを活かした最終ライン背後への突破が魅力、という印象だったが、プレーの幅が大きく広がり、どんな状況でもゴールにつながる結果を残すFWへ進化を遂げつつある。ジャーメイン自身も「ボールを収める部分も取り組んでいるので、結果が出ていますから多少手応えを感じています。(ポストプレーは)相手DFと駆け引きして身体を張るのは意識してやっています」と手応えを語る。

「今、ロッカーで(ハーフナー)マイクも言っていたのですが、天皇杯は彼がだいぶ点を取って貢献していて、最後も調子に乗る奴なので、調子に乗せていかせようかと思います」と渡邉監督は笑いを誘って会見を締めくくった。今、仙台で最も調子に乗っている男、ジャーメインの活躍が、仙台初のタイトル獲得の鍵を握る。

取材・文●小林健志(フリーライター)

【天皇杯PHOTO】仙台3-2山形|白熱のみちのくダービーを制した仙台が初の決勝進出!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月27日号
    12月13日発売
    2018年 Jリーグ総決算
    BEST PLAYER &
    全1354選手の年間査定
    海外組カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24