【天皇杯】仙台がみちのくダービーを制し浦和との決勝へ! 山形は終盤の猛追及ばず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月05日

前半で5ゴールが生まれるも、後半は痺れる展開に…

18分、矢島が決めて仙台が2点をリードするが、ここから試合は激しい撃ち合いに。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 天皇杯は12月5日、準決勝の2試合を各地で開催。ユアテックスタジアム仙台ではモンテディオ山形対ベガルタ仙台の“みちのくダービー”の一戦が行なわれた。

 4年ぶりの決勝進出を目指す山形に対し、初の決勝進出を狙う仙台。3年ぶりのみちのくダービーは、ライバルクラブ同士の一戦らしい、まさに激闘となった。

 試合は仙台が先手を奪った。14分に中野嘉大のクロスにジャーメイン良が左足ボレーで合わせ先制すると、さらに18分には矢島慎也のシュートがDFに当たってコースが変わり、そのままゴールに吸い込まれ、仙台が2点をリードする。

 しかし山形も32分、熊本雄太のクロスに阪野豊史が頭で合わせ1点差に。36分、CKから平岡康裕に押し込まれ再度2点差とされるも、前半終了間際にまたも阪野が見事なループシュートを決め、1点差として前半を折り返した。

 後半、試合は山形がペースを握る。南秀仁や途中出場の汰木康也らが再三チャンスメイク。何度も仙台ゴールに迫り、決定機を掴む。

 しかし仙台も守備陣の身体を張った守りでゴールを割らせない。結局、仙台が1点差を逃げ切り、初の決勝進出を果たした。決勝では12月9日、浦和と対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ