【鳥栖】痺れるくらいにストイックだ!残留に導いた権田修一が抱くのは強烈な後悔

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年12月02日

「この順位で充実感を持っていたらサッカーを辞めたほうが良い」

夏にはF・トーレス(左)らを補強も、なかなか調子が上向かなかった。「勝つためにもっとチーム全体でやらなきゃいけないことがあったかもしれない」と権田は反省する。写真:田中研治

画像を見る

 鹿島で10番を着けていた金崎夢生や元スペイン代表のフェルナンド・トーレスという強力なアタッカーを加えた夏以降も調子はなかなか上向かなかった。権田いわく「監督が代わったことで、選手にもっとやらなきゃいけないと危機感が芽生えた」ことが残留できた要因だ。
 
 それでも「残留争いの経験はまったく必要ない」。そう語る権田は、思わぬ低迷を強いられた今季を冷静に振り返る。
「この順位で充実感を持っていたらサッカーを辞めたほうが良い。鹿島、川崎、札幌、広島のように最終戦でACLを争うような状況にいかなければいけない。この国のリーグでやっていて、上を目指すのが一番の喜びだし、やりがいだと思う。僕はフルタイムで出ていたわけで、最後なんとかしたかもしれないですけど、序盤で勝点を落としていたのも僕です。なので、最初にうまくいかなったという、そっち(後悔)のほうが思いますね。極端なことを言えば、最後こうならないように、序盤でGKを変えたほうが良かったのかもしれない。勝つためにもっとチーム全体でやらなきゃいけないことがあったかもしれない。三丸(拡)のように戦える選手をもっと早くピッチに送り出すことが必要だったかもしれない。そういうのを今年はすごく感じた1年でしたね」
 
 最終節を終えて34失点は、リーグ2位タイの少なさである。その堅守を支えたのが権田だ。全試合にフル出場してビッグセーブを連発し、森保一体制の日本代表にも選出された。鳥栖を残留に導いた最大の功労者と言っても過言ではないだろう。
 
 それでも、権田が抱いているのは充実感よりも強烈な後悔だった。とりわけ、序盤戦で他のGKにする選択もあったという自ら言うのだから驚きだ。痺れるくらいにストイックな守護神である。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWeb編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ