【鳥栖】痺れるくらいにストイックだ!残留に導いた権田修一が抱くのは強烈な後悔

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年12月02日

そもそも最終節まで残留を争うこと自体が受け入れがたい

今季は低迷する鳥栖のなかでハイパフォーマンスを続けた権田。鹿島戦後には、サポーターから「ありがとう!」と激励されていた。写真:田中研治

画像を見る

[J1リーグ34節]鹿島0-0鳥栖/12月1日/県立カシマサッカースタジアム
 
 33節終了時点で15位にいた鳥栖は、最終節の鹿島戦をドローで終え、J1残留を決めた。
 
 試合後、ほとんどの選手がホッとひと安心したような表情を見せるなか、加入2年目の権田修一は違った。このGKに笑顔はなく、その口から出たのは、安堵ではなく懺悔に近いものだった。
 
 鹿島戦で鳥栖は立ち上がりこそ勢いを持って仕掛けていき、勝利への執念を感じさせたが、後半に入ると敗戦のリスクを排除して、時間を消費していく戦い方にシフトしていった(鳥栖は引き分け以上で残留を決められた)。
 
「どうやったら鹿島に勝てるかというところから入りましたけど、絶対残留するのがチームとしての目標だったので、そこは現実的に勝点1を取りに行った」(権田)という鹿島戦の戦略はもちろん悪くない。結果的にその選択が奏功している。ただ権田にとっては、不本意だったはずだ。
 
 2012年にJ1に昇格してから、鳥栖は一度も降格せずに着実な補強で地盤を固めてきた。だからこそ進境著しい九州の雄が目指すべきはタイトル獲得で、それは今季開幕前にクラブが掲げていた目標でもあった。つまり「打倒・川崎」「打倒・鹿島」を目指していたはずなのだ。
 
「今日の試合、この結果を、選手とスタッフ全員が満足しないこと。それが一番大事なのかなと思いますね。残留は決まったけど勝点3は取れなかった。内容的にも勝てた試合かと言えばそうではないですよね。じゃあどうしたら伝統ある鹿島から勝点3を取れたんだろうと考えないと」
 
 今季のJリーグは例年以上に熾烈だったが(最終節を終えて12位から16位の5チームが勝点41で並ぶ)、リーグ戦残り5節の時点でマッシモ・フィッカデンティ監督から金明輝監督へと交代して以降は、その後3勝2分と無敗で駆け抜けた。激しいサバイバルをかろうじて勝ち抜いた鳥栖にとってはしかし、そもそも最終節まで残留を争うこと自体が受け入れがたいことではないだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ