【松木安太郎】中島や南野には、本田や香川と同じ迫力を感じる。アジアカップで優勝したら世代交代は完了だね

カテゴリ:日本代表

松木安太郎

2018年11月21日

森保ジャパンの勢いはさらに加速していきそうだ

森保体制下で初ゴールをマークした中島の存在感は際立っていた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 といっても、アジアカップでは選手層の厚さは絶対に必要だ。バックアップを見極めるという意味では、キルギス戦は有益な試合だったと思う。
 
 中島、南野といったスタメン組は間違いなくメンバー入りするとして、控え選手に誰を選ぶか。攻撃陣で言えば、高さは欲しいから、杉本か北川のどちらかは選ばれるだろう。どちらもキルギス戦でアピールできたとは言えないけど、引いて守ってくるアジアの相手に対して高さは欠かせない。怪我で辞退した鈴木優磨が回復すれば、彼の選出もあるかもしれないね。アジアカップは我慢して守ってという戦いには絶対にならないから、得点源になりうる人材を多く招集するはずだよ。
 
 一方の守備面は、バックアップの人選に悩むかもしれない。吉田のパートナーは誰になるのか。長友不在の左サイドバックは誰にするのか。森保監督もこれからじっくり考えるはずだ。
 
 森保ジャパン発足からの5試合で、ウルグアイのような強豪国とも試合をできたし、選手たちはそのなかで高いモチベーションを持って経験を積んできた。しかも結果が出て自信もついている。良い形でチームがまとまって、ここまでは順調のひと言だ。
 
 来年1月のアジアカップで、プレッシャーのなかでどれだけできるかは楽しみだよね。本番でもっと良いものが出せるメンバーだと思うし、好成績を期待できると思う。
 
 これまで森保ジャパンには、香川や乾といったロシア・ワールドカップで主力を担った一部の選手が呼ばれてないけど、来年のアジアカップで今のメンバーが良い成績を残せたら、世代交代が完了したと言えるかもしれないね。
 
 若い選手たちからは、「俺たちがこれからの代表を引っ張っていくから、先輩たちはゆっくりしてください」といったような気概を感じるよ。若手をどんどん使っていく森保監督の采配も好感が持てるし、実際に結果も残している。このままアジアカップで優勝できれば、森保ジャパンの勢いはさらに加速していきそうだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ