【松木安太郎】中島や南野には、本田や香川と同じ迫力を感じる。アジアカップで優勝したら世代交代は完了だね

カテゴリ:日本代表

松木安太郎

2018年11月21日

「スタメン」と「バックアップ」という位置付けがハッキリした

途中出場の南野(9番)や中島らが攻撃を活性化したのは明らかだった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 年内最後の代表戦で、日本がキルギスに圧勝したね。前半と後半に2点ずつを奪って4-0だ。日本は16日のベネズエラ戦からスタメンを大幅に代えたけど、出場したメンバーの特長は出ていたし、2点を取るところまでは良かったよ。1点目が早い時間に入ったのもあって、日本ペースで試合を進められた。現代表であまり試合に出ていない選手たちが落ち着いてプレーできたと思う。
 
 実際、あのスタメンでどんな試合をするのかと思っていたけど、パフォーマンスは悪くなかったんじゃないかな。ただ、2点を取った後は気になったね。決定力不足というか、まずまずチャンスを作っていたのに、試合を決める3点目が取れなくて苦しんでいる様子がうかがえたよ。
 
 サッカーというのは、やっぱり試合を決める追加点が大事。決定的なシーンを逃していると、逆に相手に点を取られてしまう。キルギスはそこまで力のないチームだったから助けられた部分があったよね。
 
 そんな間延びした時間が続いているなと思ったタイミングで、森保監督はメンバーを変えた。そうしたら、狙い通りにリズムが変わったのは、この試合の最も興味深かった部分だ。南野や中島、堂安たちが入ってくると攻撃に迫力が生まれる。彼らは出場していきなり得点に絡んでいたし、その後も積極的に仕掛けていた。攻撃が停滞していたストレスを解消したんだ。
 
 こうした違いを見せられると、「スタメン」と「バックアップ」という位置付けが、ハッキリしてしまうよね。それくらいパフォーマンスが違った。サポーターのみんなも、僕と同じように感じているんじゃないかな。
 
 以前の日本代表は、本田や香川が途中から入ってくると攻撃のボリュームが上がっていたけど、今の中島や南野には、それと同じ雰囲気を感じる。中島や南野、堂安は、本田や香川と同等の迫力があるよ。スタジアムのお客さんは正直だから、やっぱり中島や南野たちが途中出場してきたら一気に沸いたからね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ