悲願のACL初制覇へあと1試合!鹿島の選手たちは第1戦の「2-0」をどう捉えているのか?

カテゴリ:Jリーグ

小室功

2018年11月06日

アウェーゴールを奪えば、試合展開は俄然有利に

冷静な西は、対応力が大事になると語った。写真:徳原隆元

画像を見る

 全北現代(韓国)に在籍中、二度のACL制覇に貢献したGKクォン・スンテも「アウェーはまったく雰囲気が違う。自分たちの対応力が問われる」と指摘し、こう語っている。
「(最初に優勝を経験した)2006年の時も2-0で先勝してアウェーに乗り込んだけれど、先に失点して大変な試合になった。16年の時はホームでは2-1で勝って、でも、アウェーで前半のうちに失点してしまった。GKの自分のところにボールがこないのが理想的な試合展開だけど、どうしても相手に攻められる時間が長くなると思う。そういうなかで、やるべきことをブレずに、やり続ける。そこを強調していきたい」
 
 失点を避けたいのはもちろん、第1戦での2-0の優位性を生かすには、第2戦でのアウェーゴールが大きなカギを握る。なぜなら、鹿島が1点を決めた時点で、ペルセポリスは4点を叩き込まなければタイトルを引き寄せられないからだ。
 
 こうした観点からいうと、俄然、セルジーニョの決定力に注目が集まる。
 7月に鹿島に加入後、ACLの出場は準々決勝の天津権健(中国)戦からだが、ここまで5試合連続ゴール中で、決勝進出の原動力となっている。
 だが、セルジーニョは「選手としてピッチに立てば、正直、ゴールを決めて喜びたいと思う。でも、誰が点を取るかではなく、チームの勝利が何より重要」と、どこまでも謙虚だ。
 
 11月6日のJ1リーグ32節の柏戦を終えると、いよいよ敵地テヘランに向けて旅立つ。悲願のACL初制覇へ、残すはあと1試合だ。
 
取材・文●小室功(オフィスプリマベーラ)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ