【鹿島】「不思議なサッカーだった」鈴木優磨が語る難敵ペルセポリスの印象

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年11月03日

それでも〝不思議〞と表現したのは…

ゴールこそなかった鈴木だが、攻守両面で献身的なプレーを見せ、勝利に貢献した。写真:徳原隆元

画像を見る

【ACL決勝①】鹿島2-0ペルセポリス/11月3日/カシマ
 
 悲願のアジア制覇に向け、決勝第1レグでホームにペルセポリスを迎えた鹿島は、レオ・シルバとセルジーニョのゴールで2-0の完封勝利。大きなアドバンテージを得て、敵地での第2レグに挑むことになる。
 
 この日はゴールこそなかったFW鈴木優磨だが、サイドに流れては上手くボールを引き出してチャンスにつなげ、高い位置での身体を張った守備でも貢献した。
 
 フィジカルに優れる相手にも一歩も引かず、球際で激しく戦ったが、相手の印象については「なんか不思議なサッカーだった」と語る。
 
 その不思議さは「表現できない」とも鈴木は言うが、それでもしっかりと相手の特長を見極めていた。
 
「たぶん、リスクを負いたくないからだろうけど、前のふたりに長いボールを当てて、そこから『どうにかしてくれ!』という感じだった。正直、セットプレー以外は、やられることはないかなって思っていた」
 
 端的な言葉で敵を分析できていると思うが、それでも〝不思議〞と表現したのは、思っていたよりも相手に張り合いがなく、拍子抜けしたからか。あくまでも想像だが、鈴木からすれば“そんなもんなの?”という感じだったのかもしれない。
 
 それほど、鹿島の貫禄勝ちだった。たしかに前半は一進一退の攻防が続いたが、後半はギアをひとつ上げたホームチームがほぼ圧倒。リードを奪ってからも攻撃の手を緩めず、力強く勝利を手繰り寄せた。
 
 敵地での第2レグは厳しい戦いが予想されるが、試合を重ねるごとに対応力と反発力が増している今の鹿島なら、周囲の期待に応えるような戦いぶりで、アジアの頂点を極めるはずだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【鹿島アントラーズPHOTO】あなたもどこかに!?熱い鹿島のサポーター写真特集!

【鹿島アントラーズPHOTO】試合後にサポーターに笑顔で応える選手の表情はこちら!

【ACL決勝第1戦PHOTO】鹿島 2-0 ペルセポリス|イラン人サポ―ターも乱入の激闘、鹿島初制覇へ前進!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ