本田圭佑の決勝アシストでメルボルン・Vが今季初勝利!しかし、チームには少なくない課題が…

カテゴリ:海外日本人

植松久隆

2018年11月04日

前線と最終ラインの改善が、本田が公約する“優勝”への道のりに

 メルボルン・Vの喫緊の課題は、以下の2点。
 まずは、前線。過去2戦に先発したケニー・アジウの離脱で、この日は、いずれもニュージーランド代表のコスタ・バルバローシス、ジャイ・イングハムの急造ペアが先発。ともに、自ら局面を打破するタイプでも、前線で楔になったりするタイプでもなく、本質的にはワイドにプレーするウィンガーのふたりは、ポジションがかぶってピッチ上でぶつかるようなシーンも見られるなど、まったく脅威たりえなかった。元スウェーデン代表FWオラ・トイヴォネンの怪我から復帰するまで、今のメンバーでどうしのぐかは大きな課題として残る。
 
 そして、最も大きな懸念であるDF陣はこの日も安定感を欠き、正直、よく無失点でしのげたというのが率直な感想だ。特に、豪州代表のCBトーマス・デンが気がかり。昨季は、若さを前面に出して、“怖いもの知らず”的にのびのびプレーしていたのが、すっかり鳴りを潜めている。
 
 前線と最終ライン、このふたつの改善向上こそ、本田が公約する“優勝”への道のりに必要不可欠なのは誰の目にも明らかだ。
 
文●植松久隆(フリーライター)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ