タイ代表のティーラトンが語る!J移籍の真相と、イニエスタ&ポドルスキとの共演

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2018年09月18日

「イニエスタは正真正銘のプロフェッショナル」

インタビューに応じるティーラトン。誠実な受け答えが好印象だった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

――日本とタイの差は大きかったですか?
 
「そうですね。タイにいた時は月、水、日に試合があるので、週3日しか練習できませんでしたが、それでもベストコンディションに持っていけました。しかしスピーディな日本のサッカーでは、それでは全然スタミナが持ちません。タイではフル出場できても、日本では60分か70分くらいのあたりで足に力が入らないくらい疲れてしまっていた。初めて足を攣った時は、かなりショックでしたね」
 
――今季はリーグ戦20試合に出場(24節終了時点/インタビューは8月29日に実施)。ここまでの出来を振り返ってください。
 
「試合に出られるようになったのは、なによりすごく嬉しいです。フィジカルとスタミナが向上した手応えを感じています。それに毎試合後に、ミスの場面を見返して改善する姿勢も身につきました。今まで気づけなかった弱点を知れたことが、成長につながっています。それに最近は(アンドレス・)イニエスタ選手だったり、(ルーカス・)ポドルスキ選手、さらにキム・スンギュ選手だったり世界の代表クラスの選手とプレーできていることに誇りを感じますね」
 

ポドルスキ(左端)、イニエスタ(右から3番目)、キム・スンギュ(右端)ら各国の名プレーヤーとともにプレー。刺激を受けている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

――イニエスタ選手やポドルスキ選手らとともにプレーして、どんな刺激を受けていますか?
「彼らは本当にハイレベルなプレーヤーです。彼らの高度な技術やプレースタイルに合わせるために、自分もレベルアップしなければいけない。そういう向上心が生まれましたね。技術面でもやはり吸収できるものは多いです」
 
――アドバイスをもらったりはしますか?
 
「特別プレーについて言われることはありません。ただ一度イニエスタ選手に『僕にどんなプレーをしてほしいか』と尋ねた時に、『僕のためにあれこれしようと思わないでほしい。自分のスタイルを発揮するのがあなたの仕事だよ』と言ってもらいました。真摯な姿勢を含めて、彼は正真正銘のプロフェッショナルですよ」
 
インタビュー2に続く
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
通訳●ナリット・ジャムパリー
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ