【松木安太郎】ブーイングなんて気にするな!勝ち進むために泥を飲んだ西野監督の決断は間違ってないよ

カテゴリ:日本代表

松木安太郎

2018年06月29日

ベルギー戦に向けて修正したいポイントは攻撃の組み立て

ビルドアップを安定させるためには、柴崎の他にもうひとりパスを出せる選手が必要だろう。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 日本はそれに対応できないまま、セットプレーで失点してしまった。あの失点は、レバンドフスキにふたりが引っ張られて、フリーになったベドナレクに決められている。マークのミスだったね。
 
 それに、日本は失点後に選手を代えてからも中盤のギャップを埋められなかったし、失点シーン以外にも決定的なピンチがいくつかあった。やっぱりFIFAランク上位のチームとやる時には、苦戦を強いられるんだ。だから、この予選突破はラッキーだったと考えて、また一からやり直すことが大事だろう。
 
 ただ、メンバーを代えながらもグループリーグを突破できたのはプラス要素だろう。主力の体力を温存できたからね。決勝トーナメントで対戦するベルギーもメンバーを落として戦っていたから、コンディション的にはほぼ同条件だ。
 
 そうなると、格上と対戦する日本は、守る時間が増えてくると思う。ポーランド戦でも、8年前の南アフリカ・ワールドカップの時のように、前線の選手が自陣まで戻ってディフェンスする時間が多かった。やっぱり日本はこうやって勝つしかないという感じがするよ。
 
 みんなで守備をするという大原則に加えて、ベルギー戦に向けて修正したいポイントは攻撃の組み立てだ。ポーランド戦を見る限り、中盤で柴崎だけがゲームメイクを担当するのは厳しいというのがハッキリした。右のサイドハーフに酒井高、ボランチに山口という守備的な選手を使ったことで、攻撃のバリエーションが出なかったんだ。
 
 決勝トーナメントでは、点を取りに行かなければいけない状況が必ず訪れる。その時に柴崎の他に、もうひとりくらいボールをさばける選手がいないと攻撃が組み立たないんじゃないかな。今までは長谷部が最終ラインに降りてきたり、昌子が持ち上がって縦パスを出したりとバリエーションがあったから、次の試合ではそのあたりを思い出してほしいね。
 
 前線のコンビネーションについては、ポーランド戦を回避した香川や原口がいるし、ジョーカーの本田もコンディションを上げているはずだ。仕留めるという部分では、結果を出している香川や本田にかかる期待は大きいよ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ