韓国メディアが手の平返しの大絶賛!2連敗からのドイツ撃破に「アジアのサッカー史を新しく作る」

カテゴリ:国際大会

ピッチコミュニケーションズ

2018年06月28日

韓国にとっては「“16強”ぐらい大きなプレゼント」

『スポーツ・ソウル』は「サポーターは彼を“キング・ヨングォン”と呼ぶ」と伝えた。(C)Getty Images

画像を見る

『スポーツ・ソウル』は、「ムン・ソンミン、キム・ヨングォン、チョ・ヒョヌ。サッカー人生の転換点をワールドカップで迎えた」と、スタメン出場した3選手に注目した。左サイドハーフで起用されたムン・ソンミンは「果敢なドリブル突破で相手守備の重心を崩した」と評価。CBのキム・ヨングォンについては、守備ではリーダーシップを発揮し、先制ゴールも決めたとして、「サポーターは彼を“キング・ヨングォン”と呼ぶ」と伝えた。

 そして、スウェーデン戦とメキシコ戦に続き、ドイツ戦でも再三のピンチを好セーブで防いだGKチョ・ヒョヌのことは、「韓国最高のスター」「“大邱FCのデ・ヘア”そのものだった」と称賛している。
 
 メキシコ戦でハンドを取られて献上したPKから先制点を決められたことをはじめ、韓国で猛烈な批判を浴びていたチャン・ヒョンスも、ドイツ戦で一定の信頼を取り戻したようだ。

 ボランチとして攻守に貢献したチャン・ヒョンスのプレーは、「贖罪の“11km”、チャン・ヒョンスは死に物狂いで走った」(『stnSPORTS』)、「韓国サッカーの反乱ドラマ…その中に“チャン・ヒョンスの反乱ショー”もあった」(『スポーツ・ワールド』)などと評価されている。
 
 ドイツ戦の勝利に沸く韓国。グループリーグ突破はならなかったが、韓国にとってこの勝利が「“16強”ぐらい大きなプレゼント」(『国民日報』)だったことは間違いなさそうだ。
 
取材・文●李仁守(ピッチコミュニケーションズ)

参照元:スポーツ・ソウル
「大失言」の元Jリーガーに奇抜ヘアのGK…ロシアで“転換点”を迎えた韓国選手

 
【関連記事】
「規律なく、力なく、救いようがない」独専門誌が大失態のドイツ代表に強烈ダメ出し!【ロシアW杯】
「奇跡なくとも歴史を変えた!」ドイツ撃破の韓国代表をメディアもファンも大絶賛!
「歴史的大惨事」「黄金期の終焉」史上初のグループリーグ敗退にドイツで怒りと悲観の声が続々
【韓国 2-0 ドイツ|W杯選手採点&寸評】大番狂わせを演じた韓国は軒並み高評価! MOMは神懸かっていた守護神に!!
ドイツ撃破弾のソン・フンミンに争奪戦勃発!? マンUが獲得に91億円を用意か

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ