「サカイを思い切り褒めてあげたい」英誌・熟練記者がセネガル戦の“ツボ”を紐解く

カテゴリ:日本代表

マイケル・プラストウ

2018年06月25日

看過できない失点癖。ポーランド戦は完封を

酒井とマネの高次元なマップアップは、試合を大いに盛り上げた。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 ただ、あの2失点は教訓としなければならない。
 
 1失点目は原口元気のクリアミスと川島永嗣の判断ミスが招いた人為的なもの。サディオ・マネは十分に狡猾だった。川島を擁護するわけではないが、マネが眼前に立って途轍もないプレッシャーを掛けてきたのは想像に難くなく、ベテラン守護神の決断を鈍らせたのだ。キャッチングに出てもしファンブルしていても、マネは確実に仕留めていただろう。
 
 2失点目はセネガルの質の高い連動性を褒めるべきだが、日本はその前に大迫勇也や乾がビッグチャンスをモノにできなかった。フットボールとは残酷で、決めるべき局面でしっかり決めておかないと、エアポケットのように敵にチャンスが転がり込む。優勢な展開がもたらした気の緩みだったと言えるかもしれない。
 
 日本の守備組織はかなり整備され、強度は確実に高まっている。だが西野ジャパンはその発足から数えて1試合もクリーンシートがない。すなわち、失点癖を抱えている。前にも書いたが、「かならず失点するチーム」というイメージは一度ついたら簡単には拭えない。チームの自信に繋がらず、相手にしてみればひとつのギャランティー(保証)になるからだ。ノックアウトラウンドでさらなる躍進を目ざすならば、ポーランド戦では是が非でも失点ゼロにこだわってもらいたい。

 
 キックオフからの30分間、日本がシュートを撃つシーンはほぼなかった。あの時間帯ははよく我慢したと思う。自分たちのリズムで良い連携を構築すれば、きっとチャンスは巡ってくると信じていたのだろう。日本の1点目は、柴崎のロングパス、長友の鋭い飛び出しとゴールへの意識、そこに乾の落ち着いたイメージが結びついた。美しいコンビネーションだったと思う。
 
 個人的に、思い切り褒めたいのは酒井宏樹だ。マネとの丁々発止のマッチアップは見応え十分だったし、リバプールのスピードスターを好き勝手にはやらせなかった。これは非常に大きなファクターだ。確かにマネは先制点を決め、2点目にも芸術的なパスで絡んだ。それでも、だ。「マネが封じ込まれている」という事実が、セネガルの選手たちのメンタルに与えた影響は小さくなかっただろう。あらためて言うが、あの2失点目は事故のようなものだ。
 
 酒井は、陰のマン・オブ・ザ・マッチだった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ