「日本が羨ましい」韓国メディアが絶賛!敗退危機の母国代表に「見習え」と痛烈批判も

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2018年06月25日

「いわゆる日本式ティキ・タカ、“スシタカ”が2018年に帰ってきた」

ジョーカーとして機能した本田を称えるメディアも多かった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 グループリーグ第2戦でセネガルと対戦し、2-2で引き分けた西野ジャパン。1勝1分けの勝点4でH組の首位に立ち、決勝トーナメント進出へ前進したが、この結果は韓国でも大きく取り上げられている。
 
「“もう勝点4”日本、セネガルと引き分けて16強可能性UP」(『スポーツトゥデイ』)
「“執念と根性が違った”日本、セネガルを脅かす…16強進出“有力”」(『韓国経済TV』)
「日本サッカーの善戦に“列島が沸いた”…“日本vsセネガル、今大会最高の試合”」(『デイリー韓国』)
 
 といった具合で、日本の試合運びを評価するメディアも数多い。
 
 例えば、「“スシタカ”日本式の攻撃サッカー…慣れているものが強い」と報じたのは『SPOTVNEWS』だ。「日本が慣れ親しんだパスサッカーで勝点4を積み上げた」と切り出した記事は、「正確なパスを生かした攻撃サッカーが日本の長所」であり、「身体能力で劣る守備力が短所」と前置きしたうえで、セネガル戦では「長所を極大化し、短所をうまく隠した」と報道。「日本は美しいパス回しでセネガルのプレスを逃れた」「闘牛士のようにボールを回してセネガルの体力を奪った」と評価している。

 さらに、日本はパスを回すことで相手の攻撃のチャンスを減らしたと守備における効果も挙げ、「いわゆる日本式ティキ・タカ“スシタカ”が2018年に帰ってきた」と伝えている。
 
 日本のパスサッカーが攻守両面で効果的だったという評価だが、そんな西野ジャパンの中でも、同点ゴールを決めた本田圭佑の活躍は大きく取り上げられている。
 
『MBN』は、「光った本田のシュート・パス…ベテランの風格」と題した記事で、「本田はセネガル戦でスルーパスを試みた唯一無二の存在」としたうえで、セネガルは本田の鋭いパスと決定力への警戒心から反撃に転じることができなかったと分析し、「看板スターからジョーカーに格下げされたにもかかわらず、本田圭佑が2試合連続で輝いた」と報じている。
 
 また、『edaily』は、本田の同点ゴールについて「値千金の一発」とし、「日本を救った主人公は“特級ジョーカー”に変身した本田圭佑だった」と評価した。記事では、本田がアジアのチームにおけるワールドカップ歴代最多ゴール記録となる4点目を挙げ、パク・チソン、アン・ジョンファンの通算3得点の記録を塗り替えたとも伝えている。そのほかにも、「本田“アン・ジョンファンとパク・チソンを超えてW杯アジア最多得点”」(『MTN』)など、本田が韓国選手の記録を更新したことを取り上げるメディアは少なくない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ