【コロンビア戦|戦評】拮抗した試合に持ち込めたのは数的優位だけではなく…

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年06月20日

ハメスの途中出場にも動揺は感じられなかった

サイドを精力的にアップダウンして守備の安定に貢献。原口の運動量には頭が下がる思いだ。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 後半になると、時間の経過とともにコロンビアの足が止まり始める。一人少ないうえに、前半から相当なパワーを傾けてゴールを狙いに来ていたのだから、そうなるのは当然だった。C・サンチェス退場の恩恵を受けるのは、実はここからだった。
 
 コロンビアの動きが鈍ったおかげで、日本も冷静に試合を運ぶことができた。もちろん、小さなミスはあり、乾貴士や酒井宏樹がシュートチャンスをものにできないなど、もどかしい展開に映ったと、そんな見方もある。
 
 ただ、吉田が軸の最終ラインはびくともしなかったし、コロンビアの10番ハメス・ロドリゲスが途中出場してきても動揺せずゴール前に強固な守備ブロックを築いた。
 
 結果的に本田圭佑のCKから大迫がヘッドで決勝ゴールを決めて2-1と勝利した。殊勲者の大迫の活躍にスポットが当たりがちだが、この日の一番の功労者は長友と原口ではなかったか。

 長友も原口ももちろんミスはあった。長友に関して言えば「あれ?」と思うようなクリアミスも何本かあった。原口にしてもゴールチャンスに絡んだわけではない。

 それでも、見た目以上にタフで難しい、"走る、戦う"というサッカーの根本的な部分を体現したふたりの頑張りは称賛に値した。
 
「きつかったけど、勝てて良かった」
 
 原口の笑顔が、この日の彼の充実ぶりを物語っていた。
 
 決して運だけで勝ったわけではない。戦う気持ちがチームとして前面に出たからこその勝利、そう言えるだろう。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【データで見る】コロンビア×日本|詳細マッチスタッツ
【関連記事】
【セルジオ越後】番狂わせでもなんでもない。この日のコロンビアなら勝って当然だ
【日本2-1コロンビア|採点&寸評】長友と原口の闘争心に拍手!神様、仏様、大迫様!!
「日本が批判を吹き飛ばした!」英紙が下馬評を覆した西野ジャパンを激賞!【ロシアW杯】
「柴崎、香川、乾が必要だった」西野監督が明かした“テクニシャン同時起用”の狙い
コロンビア戦の勝因は? 「ハリルの遺産」だ【日本代表】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ