【パラグアイ戦の勝因は?】柴崎の縦パス、乾のカットイン、そしてもうひとつは…

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年06月13日

クロスの精度が一気に上がるわけがない

乾のように、クロスに逃げるのではなくシュートに持ち込む姿勢が大事だ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 もうひとつの勝因はクロスにこだわらなかった点。ガーナ戦の前半、スイス戦の後半はサイドからゴール前に放り込む攻撃がまるで機能しなかった一方で、パラグアイ戦の後半は乾のカットインが非常に効いていた。
 
 日本の最初の2ゴールが示すのは、やはりゴールへと向かうドリブル、ミドルが重要だという点だ。190センチクラスのCFがいれば話は別だが、今の日本はゴール前を固められるとクロスから崩せない傾向がある。
 
 複数の選手が「クロスの精度が足りない」、「エリア内にいる人数が足りない」と言うものの、いずれもすぐさま解消できる課題ではない。前者はそもそも個の技量でコロンビア戦までの短期間で一気に伸びることはないし、後者を重視するとカウンターを受けた際の守備が疎かになる。だから、クロスを多用するのははっきり言って得策ではない。
 
 なかなかクロスがゴールに結びつかない状況で、良い仕事をしたのが乾だった。左サイドからドリブルで切り込み、ペナルティエリアの手前からシュートを放つアクションはワールドカップでゴールを奪うためのひとつのヒントになりそうだ。
 
 もちろん、サイドから単独で仕掛けてもサポートがなければ有効ではない。事実、スイス戦では原口元気が独力で内に切れ込もうとしたが、味方のヘルプがなく相手に動きを読まれていた。一方でパラグアイ戦の乾にとって大きかったのは、香川というサポート役がいた点だろう。とりわけ1点目は香川とのパス交換で相手を振り切ったのが大きなポイントだった。
 
 柴崎の縦パス、乾のカットイン、もうひとつは香川のプレービジョン(ボールの受け方やサポートの仕方)。もちろん前線からの連動した守備、武藤嘉紀の奮闘なども見逃せないが、あえて絞るならこれらがパラグアイを破るファクターになったのではないか。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本代表いよいよロシアへ!

【日本代表PHOTO】日本4-2パラグアイ|乾が2ゴール! 西野ジャパンが W杯本大会前ラストマッチを勝利で終える
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ