眠れる規格外FWがついに覚醒!? 鈴木武蔵は今季なぜゴールを量産し始めたのか?

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2018年05月13日

監督の厳しい指摘にもしっかりと対応して3点目を奪取

驚異の高さを誇るヘッドは、相手DFよりも頭ひとつぶん優に抜け出る。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 拍子抜けするほど基本的なことではあるが、元来、鈴木は爆発的な瞬発力とスピードやジャンプ力を持ち、言わばポテンシャルの塊のような規格外の選手である。細かい技術論より、明確な方向性を示すことが今は良いのかもしれない。

 実際、名古屋戦でも鈴木は71分に投入された直後、相手DF裏に抜けてペナルティエリア内に侵入しながらシュートまで持っていけず、ベンチから「フワッとした感じで入った(高木監督)」として叱責を受けているが、76分には巧みな動きから目の覚めるようなヘディングの一撃を決めてみせた。監督の厳しい指摘に対する鈴木の対応力が感じられたシーンと言っていいだろう。
 
「健全なる精神は健全なる身体に宿る」という諺ではないが、長崎に来てからの鈴木には、圧倒的なポテンシャルに加えて、ストライカーとしての冷静なメンタルが宿りつつあるようだ。かつては持て余していた自身の能力をコントロールしつつある鈴木が、このまま真の覚醒を果たした時、長崎はまたJ1クラブとして一つ階段を上がることができるはずだ。

取材・文●藤原裕久(フリーライター)
【関連記事】
【J1採点&寸評】長崎3-0名古屋|ファンマとのコンビで2発のアタッカーをMOMに! 名古屋は守護神の好守がなければ…
【日本代表】西野監督がメンバー発表の時期に言及!負傷が癒えた香川に関しては...
世界中の「美女サポーター」が集結! ロシアW杯は「美人すぎる」「セクシーすぎる」と話題沸騰必至
V・ファーレン躍進の陰に敏腕トップあり! 髙田明社長が描き出す「Jクラブの新たなカタチ」
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ