【マリ戦のスタメン予想】意外な最激戦区は?初招集の中島翔哉が左ウイング抜擢も

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年03月15日

本田にもチャンスは十分ある

大迫が最有力だが、小林や杉本の得点力も捨て難い。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 中盤の一枚は、ハリルホジッチ監督からの信頼が厚い長谷部で決まり。また、これまでの起用法から判断すると、もう一枚はコンスタントに代表招集されている山口が有力だ。先のACLのブリーラム戦でも山口は杉本のゴールをアシストするなど勝負強さが光る。
 
 攻撃的MFの最有力候補はアンデルレヒトで好調をキープしている森岡か。ハリルホジッチ監督が「フィジカル的なところと、デュエルで伸びるかなと思っています。ゴール数、アシスト数がリーグでもダントツですよね」と言っていることがその根拠。対抗馬は、ヘタフェでサブに甘んじている柴崎よりもコンディションが良さそうな大島だろう。ただ、その大島も今季はここまで川崎でほぼフル稼働しており、疲労と怪我が怖いところだ。
 
 3トップはこれまでの実績で判断すれば、右から久保、大迫、原口という並びになりそうだ。とはいえ、久保はヘントで以前ほどインパクトのあるプレーをしているわけではなく、本田にも十分チャンスはある。
 
 杉本と小林はそれぞれ所属クラブで結果を出しており、そのあたりを考慮すると、もしかしたら最激戦区はCFと言えるかもしれない。少なくとも、ケルンで絶好調とは言えない大迫が鉄板という状況ではないのではないか。
 興味深いのは、左ウイングで初招集の中島が抜擢されるかという点だ。今回のメンバー発表でハリルホジッチ監督が強調していたのは、攻撃の部分、具体的には個で打開できるアタッカーが必要だということである。ポルティモエンセで活躍している中島については、指揮官もこう述べていた。
 
「中島は爆発的なスピードを持っていますから、1対1で抜けるかもしれません。このようなプレーを日本の選手はなかなか出せませんから、大事な選手になるんじゃないかと思っています。(ポルティモネンセで)9得点・6アシストしているので、それを代表でも見せてくれればいいですが、それができるか見極めなければいけません」
 
 現代表の課題のひとつは、間違いなく得点力。どうゴールを奪うか、今回の欧州遠征でハリルホジッチ監督がそこに重点を置くなら、初招集の中島がいきなりスタメンで抜擢されても不思議はない。
 
文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】マリ・ウクライナ戦へ向けた招集メンバー26人
【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ