初の欧州制覇を狙うアトレティコ・マドリーの国際舞台での実績とは?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年05月23日

「デシマ」と「プリメーラ」――達成されるのはどちら!?

実績では大きな開きがあるが、現在の実力では何ら遜色なし。究極のダービーマッチでアトレティコは新たな歴史の扉を開けるか!? (C) Getty Images

画像を見る

 思わぬチャンスがアトレティコの元に転がり込む。世界一クラブを決するインターコンチネンタル・カップの出場権を、バイエルンが放棄したのだ。暴力沙汰が多発するこのコンペティションで選手が傷つくことを恐れるがゆえのボイコットだったが、アトレティコは繰り上げでの出場を受け入れてインデペンディエンテとの決戦に臨み、敵地での敗戦(0‐1)をホームで挽回(2‐0)。欧州を制する前に“世界王者”となったのである。
 
 しかし、これ以降30年近く、アトレティコは欧州タイトルと無縁の時を送る。唯一決勝に進んだのは86‐87シーズンのカップウィナーズ・カップだったが、ディナモ・キエフの猛烈な勢いに押され、0‐3で敗れ去った。90年代、そして21世紀に入ってから、低迷して2部リーグに降格することもあれば、チャンピオンズ・リーグやUEFAカップで上位に進出するなど、激しい雌伏の時を繰り返してきたが、トロフィーには手が届かなかった。
 
 クラブの歴史が変わったのは2009‐10シーズン。創設されたばかりのヨーロッパリーグが、新たな飛躍への舞台となった。チャンピオンズ・リーグでグループリーグ3位に沈んでの出場ではあったが、ベスト32から連続する僅差の勝負をモノにし、フルアムとの決勝では現セレッソ大阪のディエゴ・フォルランの2ゴールで延長戦の末に勝利。62年同様、ドイツの地で優勝トロフィーを天に掲げた。
 
 そして現時点で最後の欧州タイトル獲得は、11‐12シーズン。ディエゴ・シメオネがシーズン途中で監督に就任するとチームは上昇気流に乗り、ラダメル・ファルカオやジエゴの活躍によって、準決勝でバレンシア、決勝でアスレティック・ビルバオとの同国対決をいずれも制し、2度目の同カップ制覇を果たした。なおスーパーカップでは、10年はインテル、12年はチェルシーと、いずれも欧州王者を下している。
 
 シメオネ監督に率いられたアトレティコは、その後も進化を続け、ついに今シーズン、18年ぶりの国内リーグ優勝を果たし、さらにチャンピオンズ・リーグ決勝でのダービーマッチを実現させた。その勢いは凄まじい限りである。
 
「デシマ」、すなわち“10回目”の欧州王者に向けてマドリーは並々ならぬ意気込みでリスボンでの一戦に臨んでくる。速さと巧さはアトレティコを大いに苦しめるだろう。しかし極限でのつばぜり合いなら、アトレティコが大いに得意とするところだ。乗り越えてきた試練の数では、マドリーに負けていない。
 
 そしてモチベーションも十分だ。“初”の欧州制覇はクラブの悲願である。「デシマ」には「プリメーラ」で対抗だ!!
【関連記事】
【番記者通信】CL決勝で実現した「マドリードダービー」の歴史と魅力|R・マドリー
【CLプレーバック】ジダンの歴史的美技弾がもたらしたR・マドリー最後の欧州制覇
移り変わる欧州クラブの勢力分布――今シーズンはスペインが完全制覇
【移籍市場超速報】CL決勝進出 A・マドリーの主力M・スアレスに、ナポリが照準
【番記者通信】NO ダメージ、NO タイトル|R・マドリー

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ