【現役の眼】橋本英郎のハリルジャパン考察「攻と守でなにを優先すべきなのか」

カテゴリ:日本代表

橋本英郎

2017年12月18日

点が取れる、点を取る方法を知る選手を置くべき

橋本がインパクトを与えたと評価したのがこの伊藤。サイドで持ち味を発揮した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 では、攻撃面に話を移しましょう。
 
 こちらは項目を挙げるというより、点の取り方を知っている選手がどれだけスタメンで起用されているかが大きいなと感じました。
 
 例えば1戦目の北朝鮮戦。前線の小林悠選手の動きに反応している選手が少なかった。彼がパスの出し手、あるいは受け手になった際、逆の役割をこなせる選手がおらず、小林選手の相手にとって危険なチャレンジは活かせないままでしたね。
 
 一方で川又堅碁選手の場合、クロスからヘディング、または相手選手を背負っている状況でボールを付けるなど、シンプルで、相手チームは分かっていても対応し切れていませんでした。その意味では精度の高いクロスを入れたり、ポストプレーを上手く活用していけば点に繋がることが、今回の大会を通して理解できました。
 
 もしかしたらそうしたところに、攻撃のヒントが落ちているのではないでしょうか。現在の攻撃の形はどちらかと言えば曖昧です。相手が分かっていても止められない、そんなプレーが具現化できるならば、それを優先すべき状況になってきていると思います。本来、小林選手のような細かい駆け引きに長け、相手が引いた中でも点が取れる、点を取る方法を知る選手を置くべきです。
 
 パスの出し手が活かし切れないのであれば、出し手がいない中での攻撃の形を追求すべきで、今回の大会では出し手の発掘にもチャレンジしていたと思います。最終的に強烈なインパクトを与えられたのは、サイドを駆け上がる伊藤純也選手だけでした。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ