【清水】鄭大世&小林伸二監督が熱弁する進むべき道「クラブとして成長するためには…」

カテゴリ:Jリーグ

前島芳雄

2017年12月03日

鄭大世は言う。「まだまだ選手自身の意識改革が必要だし、戦う姿勢を学ばなければいけない」

【警告】神戸=伊野波(62分)、渡部(90分) 清水=六反(83分)
【退場】
【MAN OF THE MATCH】鄭大世(清水)

画像を見る

 だが、もちろん誰も満足してはいない。サポーターとしても「なぜ、これがもっと早くできなかったのか?」という思いもあるだろう。
 
 シーズンを通してチームのために厳しい言葉を発してきた鄭大世は、試合後に次のように語った。
 
「初めてエスパルスに来た時からずっと感じていたのが、勝利に対する貪欲さが少し欠けているなという部分です。それをずっと選手に問いかけてきて、今日は勝っている時の時間の使い方もうまくやれたと思います。

 ただ、まだまだ選手自身の意識改革が必要だし、戦う姿勢を学ばなければいけない。選手だけでなくてクラブとして成長していくために、あらゆる部門でそれぞれがストイックに自分と向き合いながら成長していくことが、エスパルスの未来に必要だと思います」
 
 非常に苦しいシーズンを過ごしてきたなかで、最大の収穫と言えるのは、選手、スタッフだけでなくフロントも含めて「自分たちがどう変わらなければいけないのか」を学んだことではないだろうか。
 
 小林伸二監督も、「今日はクラブ関係者全員が来てくれています。メンバー外の選手もフロントの人たちも、サポーターのこういう応援を目の前で見たことがすごく大きくて、来年はこんな状況にならないように、クラブとして良い準備をするようになっていくと思います。チームというのはクラブの中の一部であるというところで、ひとつ大きく成長できればいいなと思っています」と言う。
 
 来シーズンが始動したとき、「喉元過ぎれば……」にならないことをサポーターも強く願っているはずだ。
 
取材・文●前島芳雄(フリーライター)
【関連記事】
【J1採点&寸評】神戸1-3清水|残留をもぎ取る見事な逆転劇!ダメ押し点の鄭大世をMOMに
【選手権予選】出場全48校がついに出揃う! 最後の切符は神奈川の桐蔭学園がゲット!
【W杯グループ展望|H組】強烈な“個の力”を持った3か国に日本はどう挑むか!?
【セルジオ越後】厳しい抽選結果は誰のせい? 選手が頑張るだけじゃW杯上位進出は見えてこない!!
「来季も俺についてこい!」鹿島戦後のスピーチで"名波節"が炸裂

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ