【W杯グループ展望|H組】強烈な“個の力”を持った3か国に日本はどう挑むか!?

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年12月03日

日本に付け入る隙はあるか?

レバンドフスキ(左上)、ハメス(右上)、マネ(左下)といった強烈な点取り屋が揃う3か国に対して、日本は如何に立ち向かうか? 香川(右下)はそのキーマンになるはずだ。 (C) Getty Images

画像を見る

【ロシア・ワールドカップ|グループH展望】

本命:ポーランド(3大会ぶり8回目の出場)

対抗:セネガル(4大会ぶり2回目の出場)
穴:コロンビア(2大会連続6回目の出場)
大穴:日本(6大会連続6回目の出場)
 
 優勝候補に挙がる、いわゆる大国が不在とはいえ、日本にとって決して楽観は許されないグループだ。いずれも強烈な個の力を持ったエースを擁する、侮れない実力国ばかりだ。
 
 ポーランドには現代最強のストライカーのひとり、ロベルト・レバンドフスキが主砲として君臨。欧州予選10試合で16ゴールを量産し、歴代の最多得点記録を塗り替えた。
 
 セネガルを牽引するのは爆発的なスピードと突破力を持ったサディオ・マネだ。プレミアリーグで大活躍を続け、局面を打開する力は世界でも指折りだ。
 
 そして初戦で対戦するコロンビアには、4年前に痛い目に遭わされたハメス・ロドリゲスが健在。前回大会は怪我で欠場した点取り屋のラダメル・ファルカオも復活し、前線の破壊力は増している。
 
 もっとも、ポーランドは守備が脆く、セネガルは緻密な組織力がなく、コロンビアはハメスへの依存度が高く、それぞれに不安を抱えている。日本にも付け入る隙は十分にあるはずだ。
 
文●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【ロシアW杯】出場32か国の基本フォーメーションを一挙公開!
【関連記事】
ポーランドの「強み」と「弱み」は? レバンドフスキを中心に攻撃は充実している一方で…
熱く語った名波監督とカミンスキー。ロシアW杯の組み合わせは「日本にとって良いグループなのかなと」
コロンビア有力紙は日本と同組に余裕しゃくしゃく 「最高のドロー」「16強進出の可能性は高まった」
ポーランド・メディアは日本をどう見る? 「キャプテン翼のようにできればいいが、現実は甘くない」
【W杯グループ展望|G組】ベルギーとイングランドの突破は確実! 首位通過はどちらの手に?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ