【W杯ドキュメント】メンバー発表のドラマ|トルシエ流 ロジックの魔力

カテゴリ:日本代表

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年05月08日

自由を求めたトルシエ。自由を認めてきた人たち。

日韓大会のメンバー発表において最大のサプライズとなった中村俊輔の落選。本人の落胆ぶりは大きかった。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 おそらく横浜F・マリノスは、5月17日の発表に頭から冷水を浴びせられるほどの衝撃を受けたに違いない。実際、トルシエ監督への怒りを口にするクラブ関係者は少なくなかったらしい。
 
 それはそうだろう。先の欧州遠征に5人の主力を送り出し、その戦力ダウンが影響して、チームはナビスコカップで早々と敗退してしまった。タイトルひとつ逃してもなお、日本代表に協力した横浜にすれば、最終メンバーに残ったのが松田直樹ひとりというのは受け入れがたいことである。
 
「複雑な気持ちです」と、キャプテン・松田の口は重い。横浜サイドに立って選考を眺めるなら、「振り回された」という感情が湧き上がるのもやむをえないところだ。
 
 しかし、省みてみるべきだろう。選んだトルシエ監督という人物を、である。彼の就任からおよそ3年半が経つ。その間、彼が行なってきたメンバー選考作業に、Jリーグ・クラブへの配慮を強く感じるケースはほとんどなかった。それどころか所属選手が一度として試合に出ることなく、ときにはコンディションを落としてクラブに帰ってくる場合もたびたびあった。コパ・アメリカの鈴木秀人、コンフェデレーションズ・カップの藤田俊哉、先の遠征における奥大介を思い出せばいい。
 
 しかしクラブは、財産である所属選手を最大限守る立場にあるものの、トルシエ・ジャパンの下では選手がメンバー入りしやすいよう、クラブがあえて意見してこなかった形跡があった。これは横浜に限らず、ほとんどのクラブに言えることで、拡大解釈すればJリーグは大方、トルシエ監督の手法を黙認してきた。
 
 クラブやJリーグだけではない。雇い主である日本サッカー協会もそうだろう。2000年春、ソウルで韓国に敗れた試合をきっかけに、トルシエ監督はその去就を大いに取りざたされた。そして結果的に、トルシエ監督の手腕を疑問視していた何人かの担当者が強化部門を外れ、岡野俊一郎・日本サッカー協会会長を本部長とする強化推進本部が発足。監督を全面的に信頼、バックアップするという結論で決着をみた。今回の会見不在もまた、トルシエ監督の意向(自由)を協会側が完全に受け入れた形のもので、その点、けなげなほどに一貫した方針が貫かれている。
 
 そして、われわれマスコミも同じである。それまでのプロセスを度外視した選考が目立つ監督に対して、声高にクレームをつけてはこなかった。疑問を呈することはあっても、世論を左右するまでのキャンペーンはしていない。
【関連記事】
週刊サッカーダイジェスト代表担当が探る――日本代表候補合宿の成果
【日本代表】代表候補合宿のメンバー23名発表!!
サプライズ招集はあるのか? 週刊サッカーダイジェスト編集長が日本代表候補合宿を斬る
【W杯ドキュメント】メンバー発表のドラマ|カズと北澤の緊急帰国に揺れた98年

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ