【W杯ドキュメント】メンバー発表のドラマ|トルシエ流 ロジックの魔力

カテゴリ:日本代表

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年05月08日

問題はニーズの有無。本来は監督の説明が必要だった。

これまでの会見では独自の“ロジック”を披露してきたトルシエ監督だが、最も説明が必要な大事なメンバー発表の場には姿を見せなかった。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 多くの名勝負が後世に語り継がれていくワールドカップだが、4年に一度の大舞台に立つ権利を得るための、チーム内での争いは激しく、時に本大会での記憶が霞むほどのドラマを生み出すこともある。
 
 ブラジルへ向かう23選手の発表が目前に迫った今、過去4大会の“運命の瞬間”を、週刊サッカーダイジェストの当時のレポートで振り返っていく。
 
 第2回は、自国開催の大会を目前に控え、日本全体が異様な盛り上がりを見せるなか、個性的なフランス人監督が我流を貫いた、2002年日韓大会だ。
 
――◆――◆――
 
 5月17日、午後3時30分。メンバー発表は定刻通りに始まった。型どおりの挨拶を済ませた後、木之本興三・強化推進副本部長は緊張した面持ちで、しかし明朗な言葉で、23人のメンバーを読みあげていった。
 
 秋田豊の名前が出たところで会場に低いどよめきが起こる。リストがポジションごとに生年月日の順で記載されていることはすぐに分かった。だから、選手本人や、その年齢を知る人間なら、誰が選ばれ、誰が外れたのか、刻々と知ることができただろう。
 
 海外組のごく一部の選手を除き、選出されたメンバーは所属クラブの仕切りの下で、記者会見を開いた。選手たちはそれぞれ「うれしい」「光栄」と素直な思いを短い言葉の中に表現している。安堵や喜びを噛みしめつつ、気持ちを新たにしたはずである。
 
 発表されたメンバーリストには、妥当な顔ぶれのなかに驚きの要素も盛り込まれていた。なかでも、中山雅史、秋田のベテランふたりは先の欧州遠征に帯同しておらず、可能性は薄いと見られていただけに意外である。ただ、前回大会を経験しているふたりの力をプラス材料にすることは可能だろう。
 
 一方で、ふたり以上に当落の行方が注目されていた中村俊輔や名波浩、高原直泰といった面々がメンバーから漏れた。とりわけ、ここ最近のテストマッチで結果を残していた中村のリスト漏れは、少なからず議論を呼んでいる。
 
 さて、このメンバー発表においてケチがついたのは、その場にフィリップ・トルシエ日本代表監督がいなかったことである。会見の席では当初の予定が変更されて質疑応答が行われたものの、結論を出した人間が不在では何の意味もなかった。
 
 トルシエ監督はそんな発表形式について「世界のスタンダード」と言い切ったが、列強国とは違い、日本には選考の説明を求める巨大なニーズがある。それらの人々に日本代表が支えられているとすれば、詳しい説明のなかった今回のメンバー発表は、やはり配慮に欠けるものだったと言えよう。
 
【関連記事】
週刊サッカーダイジェスト代表担当が探る――日本代表候補合宿の成果
【日本代表】代表候補合宿のメンバー23名発表!!
サプライズ招集はあるのか? 週刊サッカーダイジェスト編集長が日本代表候補合宿を斬る
【W杯ドキュメント】メンバー発表のドラマ|カズと北澤の緊急帰国に揺れた98年

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ