【日本代表】ハリルジャパンの新機軸! 今こそ招集すべき、注目の選手たち

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年09月27日

中島翔哉は原口元気や乾貴士をいずれ脅かす存在に?

昨年のリオ五輪でも活躍を見せた中島。どんな舞台でも物怖じしないメンタルの強さも特長だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 トップ下で新境地を開いたC大阪の山村和也も興味深い。これまでCBまたはボランチでキャリアを積んできた男は、今季はユン・ジョンファン監督の下、よりゴールに近いポジションに抜擢されると、すでにキャリアハイとなる8ゴールをマーク。チームの貴重な得点源として、目を見張る活躍ぶりを示している。
 
 2列目としてのテクニカルなプレーにはあまり多くを望めそうもないが、中盤の守備の強度を高められる存在であり、186センチの長身はセットプレー時に脅威を与えられるはず。トップ下はもちろん、ボランチやCBでも計算できるユーティリティ性は、「23人」(本大会の登録人数)という限られた枠組みの中で重宝されるだろう。
 
 CBの本職では、今年5月のU-20ワールドカップに出場し、国際舞台も経験済みの柏の中山雄太は、将来が楽しみな逸材だ。
 
 希少価値のある左利きで、精度の高いフィードでビルドアップの起点となり、機を見た攻撃参加にもセンスを感じさせる。20歳とは思えない冷静な対応で、最終ラインを引き締めるそのスケール感の大きさは誰もが認めるところ。若手の起用に積極的なハリルホジッチ監督が強い興味をひかれていても不思議ではない。
 
 一方の欧州組では、今夏に日本を飛び出した中島翔哉や、ポーランドからベルギーに新天地を求めた森岡亮太のハイパフォーマンスは、無視できないものになっている。
 
 前者は、ポルトガルのポルティモネンセで出場2試合目にして2ゴールを叩きこめば、続く強豪ポルト戦ではスペイン代表GKのイケル・カシージャスからも得点を奪ってみせた。自慢のドリブルは、テクニックとスピード、ともに現地で高く評価されており、いずれ原口元気や乾貴士を脅かすアタッカーになるかもしれない。
 
 後者は、攻撃をオーガナイズしながら多彩なフィニッシュワークを見せるなど、“ザ・トップ下”というようなプレーをいかんなく発揮し、チームの勝利に貢献。香川真司がまだトップフォームを取り戻せておらず、清武弘嗣も怪我明けという現状を考えれば、このタイミングで一度、試しておきたい。
 
 この他にも、柏で躍動するウイングの伊東純也、横浜への移籍で逞しさが増したボランチの扇原貴宏、スペイン2部のヒムナスティックで研鑽を積むCBの鈴木大輔など、戦力を底上げしそうな新戦力候補は少なくない。ハリルジャパンの新たなサバイバルに注目だ。
 
文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【セルジオ越後】お祭り騒ぎの“ハリルジャパン・コンサート”。でも強化という点では…
【日本代表/10月シリーズの焦点】「強国」ではないニュージーランド、ハイチと戦う意義は?
「もう答は出た、オカザキがベストだ!」 レスター地元紙が巻き返しの最重要キーマンに指名!
「大いなる救済」「感謝の言葉しかない」本田圭佑の寄付と温かいメッセージに賛辞が相次ぐ
酒井宏樹の評価が急上昇! 「鋭く、豪快で、美しい」とベスト11選出の全国紙が絶賛!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ