平均年齢17.5歳! リーグ杯2部を制したC大阪堺レディースがなでしこJの未来を担う!?

カテゴリ:高校・ユース・その他

竹中玲央奈

2017年08月16日

「アンダーの代表は何人かいますが、なでしこジャパンに送り込みたい」

主将としてチームを率いる林。4強入りした昨年のU-20W杯の代表メンバーにも選ばれている。写真:竹中玲央奈

画像を見る

 初タイトルが懸かる大一番となった日体大FIELDS横浜戦は、先制するも追いつかれ、もつれ込んだPK戦で勝利を収めて優勝を手にした。この経験は、才能と未来ある彼女たちを前進させるために非常に大きな意味を持つことだろう。
 
 竹花監督は「PKとなると、なかなかメンタル面で弱く、蹴るのを嫌がる選手もいたのですけど、今日は名前を呼べば力強く返事が返ってきたので。そういう意味でも、メンタル面も強くなったんじゃないかなと思います」と今大会での成長ぶりについてこう語っていた。
 
 だが、選手たちはもちろん満足はしていない。ここはまだまだ「通過点」なのだと言う。
「もっと成長して一部で戦えるようになりたいし、アジアカップ(U-19女子アジア選手権)があるので。そこで代表に選ばれてもっと活躍して。U-20のワールドカップに行きたいです」
 抜群の対人の強さで存在感を示した脇阪麗奈はこう言い、松原に関しては“なでしこジャパン”入りという目標を口にする。

林とともにU-20W杯で4強入りに貢献した松原。ブラジル戦では2ゴールを挙げた。写真:竹中玲央奈

画像を見る

「まだまだ遠い目標かもしれないですけど、(なでしこジャパン監督の)高倉さんはずっと見てくれていて、自分のプレーを分かってくれている部分もあると思うので。コツコツ頑張って、そこに絶対に入っていこうというのを忘れないで、日々の練習から上を目指してやっていきたい」
 
 クラブ関係者も「今のところアンダーの代表は何人かいますけど、なでしこジャパンに送り込みたいと。そのひとつが東京五輪あたりになるのかなと思っています」と2020年に彼女たちが活躍する姿を望んでいる。
 
 近い将来、C大阪堺レディースから日本の女子サッカー界を引っ張る存在が生まれる可能性も大いにあるだろう。“なでしこの卵たち”が数多く在籍するこのチームの歩みに、ぜひ注目してほしい。
 
取材・文:竹中玲央奈(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ