30年前に選手権を沸かせた男――三渡洲アデミールの新たな挑戦

カテゴリ:Jリーグ

粕川哲男

2017年07月21日

日本人になれなかったアデミール・サントスは…。

清水時代は猛練習を重ね、大木武コーチに「もう休め」と止められたという。

画像を見る

 91年の日本人との入籍が考慮されて、95年に帰化が認められたが、それまでは外国籍選手として3つの出場枠を争わなくてはならなかった。「スタメンで起用する」「外国人は3人までしか取らない」。契約の際にかわした口約束も、残念ながら守ってもらえなかった

 エメルソン・レオン監督が指揮を執った92年から94年にかけて、清水はトニーニョやシジマールなど7人ものブラジル人を獲得している。
 
 日本人になれなかったアデミール・サントスは、彼らを上回るプレーを見せて、出場枠に食い込むしかなかった。
 
 サテライトのコーチだった大木武(現・FC岐阜監督)に「もう休め」と止められるほど猛練習を重ね、何とか出場機会を掴んだものの、身体はボロボロだった。常に足に痛みを抱え、髄膜炎も患った。
 
 オズワルド・アルディレス監督を迎えた96年は、春先からやけに調子が良く、開幕戦にも途中出場。だが、「いよいよチャンスが巡ってきた」と思った第2節の直前、またしても怪我での離脱を余儀なくされた。
 
「そこから1年……、午前午後午前午後ずっとリハビリ。ノイローゼになりそうだった。(ダニエレ)マッサーロも間接ねずみでリハビリしていたので、もう嫌になって、ふたりでバスケットボールをして遊んでいた。

 それで、ブラジルで手術を受けたいとお願いしたら『自分のお金で行け』だって。ひどいよ。本当は契約書にブラジルまでのチケット2枚と書いてあったんだけど……、いまさら言ってもしょうがない。清水での5年間は、本当にいろんなことがあった。話し始めたら朝までかかっちゃうよ(笑)。結局、運が悪かった。精一杯頑張ったけど、タイミングがすべて悪かった。それだけ」
 
 97年、コンディションが戻らずに引退した。怪我に泣き、リハビリに耐えるのも限界。ラ・コルーニャ(スペイン)への移籍話は立ち消え、日本代表入りの夢も叶わなかった。そして何よりも、信頼していた人の裏切りに遭い深く傷ついた。お金にしか興味がないと思われる大人たちの姿に、ひどく失望した。
【関連記事】
小野伸二が語る"クボ・タケフサ"の才能。「当時の僕と比べたら…」
小柳ルミ子がスゴい! 初解説で名言連発「サッカーはただクソ真面目なだけじゃダメ!」
【現役主審に問う|西村雄一×岩政大樹 #1】判定を間違えたら審判はどうする?「死ね」発言騒動がひとつの契機に
「なぜメキシコか? なぜパチューカか?」本田圭佑が決断の理由を明かす!
長谷部誠はなぜ「ブンデスリーガで10年」生き残れたのか?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ