【コラム】もはや「CLの器」、ルカクはチェルシーに帰還すべきだ!

カテゴリ:ワールド

山中忍

2017年04月17日

ルカクは6年前とは段違いのストライカーに成長。

2011年にアンデルレヒトからチェルシーに加入した際には、巨躯にモノを言わせたプレーが悪目立ちしていたルカク。それが洗練された今が古巣に戻るべき時なのかもしれない。 (C) Getty Images

画像を見る

 オフ・ザ・ボールでの動きやポストプレーも大幅に改善されているルカクは、身体能力に頼っていた6年前のチェルシー加入当時とは異なるFWとなった。ネットを揺らす能力そのものも安定感を増している。

 ここ2シーズンのプレミアで記録した計52ゴール・17アシストは、49ゴール・14アシストのD・コスタを凌いでさえいる。D・コスタに劣る6割台のパス成功率は要改善ポイントだが、周囲のクオリティーがエバートンよりも高いチェルシーでは、「ファン」を自認する本人も取り組みがいがあるはずだ。

 33節のバーンリー戦では、マーカーのマイケル・キーンを背負いながら軽快なタッチとターンで前を向き、すがる相手を力で制しながら咄嗟のトーキックでネットを揺らした。

 ルカクはこれでホームではプレミア9試合連発。エバートンが今夏の獲得を目論む若手CBを手玉に取り、クラブの偉人であるディクシー・ディーンが1932-33シーズンに決めた得点数に並んだわけだ。

 この試合では、ナイトクラブで暴力騒動に巻き込まれたロス・バークリーに対し、「ゴリラ」と揶揄する差別的な記事を掲載したことが原因で、『サン』紙の取材が禁じられていた。しかし、同紙のコラムニストの1人で、元アーセナルFWのイアン・ライトは2月の時点で、「俺が彼の立場なら、チェルシーから声が掛かった瞬間に車のハンドルを握ってロンドンに向かう」と言っていた。

 エバートンの域を超えつつあるルカクに関しては、ライトの意見に筆者は同感だ。

文:山中忍
 
【著者プロフィール】
やまなか・しのぶ/1966年生まれ、青山学院大学卒。94年渡欧。イングランドのサッカー文化に魅せられ、ライター&通訳・翻訳家として、プレミアリーグとイングランド代表から下部リーグとユースまで、本場のサッカーシーンを追う。西ロンドン在住で、ファンでもあるチェルシーの事情に明るい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ