優勝候補最右翼の名門が抱く危機感。市立船橋が選手権へ求めるラストピース

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2016年12月06日

プレミアEASTの柏U-18戦で待望のゴール。「もっと自信を掴んでくれれば」

市立船橋の2年生ストライカー・福元。選手権へ向けてさらなる成長が求められている選手だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 12月4日に行なわれた柏U-18戦、福元は立ち上がりから相手ディフェンスラインとの駆け引きで存在感を見せる。そして、0−0で迎えた59分に杉山の右CKを頭で合わせ、先制弾を挙げた。後半アディショナルタイムに追いつかれ、決勝ゴールとはならなかったが、待ちに待った“ラストピース”のゴールは、チームにとって大きなプラス材料となった。
 
「ヘッドも上手い選手。これでもっと自信を掴んでくれれば」(朝岡監督)
 
 指揮官の期待を一身に浴びる福元は、このゴールをきっかけに化けることが出来るのか。試合後、彼はこう口を開いた。
「これまで全然結果を出していなかったのに、ずっと使ってくれた朝岡監督に本当に感謝していますし、今日ようやく1点取れたのですが、セットプレーからのゴール。やっぱり流れの中で決めないといけないと思います」
 
 指揮官の期待はヒシヒシと感じている。だからこそ応えたいし、自分が求める形でのゴールが欲しい。
 
「得意な裏に抜けるプレーをもっと磨いて、縦パスから前を向いてのシュートや、クロスからのワンタッチシュートなど、いろんな形で点を取りたい」
 
 セットプレーからはゴールを決めることができた。次は流れのなかからゴールを奪い、選手権での爆発を確固たるものとするために準備を整えたい。“ラストピース”福元友哉は今、ストライカーとしての自信を、その手で掴もうとしている。
 
取材・文:安藤隆人(サッカージャーナリスト)
【関連記事】
【U-19日本代表】市立船橋の原が追撃弾も… アルゼンチンとの親善試合初戦は惜敗
【選手権予選】京都橘、苦戦の末の全国切符! エース岩崎が「市船の方がやりやすい」と語った理由とは――
高校選手権の組合せが決定! 市立船橋、東福岡の相手は?
【選手権出場校】千葉・市立船橋|伝統の堅守は圧巻のレベルへ。宿敵破り夏冬連覇へ一歩前進!
【総体】「東福岡より強い…」九州の雄も脱帽する市立船橋の強さ。とりわけ光るMF高の攻撃センス

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ