混沌のJ1残留争い!磐田、甲府、新潟、名古屋の"残留条件"を完全解説

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年11月03日

もっとも不安要素を抱えたチームは新潟?主力4選手の欠場は厳しい。

新潟はL・シルバら主力4選手が欠場。厳しい戦いを強いられるだろう。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

●15位・新潟 勝点30 得失点差-15
最終節の対戦相手:広島@デンカS
 
 新潟は勝っても、他会場の結果を待つことになる。
 
 まず勝った場合を整理すると、次の条件のいずれかひとつを満たせばJ1残留が決まる。①磐田が敗戦、②甲府が引き分け以下、③名古屋が引き分け以下。仮にライバル3クラブすべてが勝利した場合、名古屋との得失点差勝負になる。
 
 次に引き分けの場合は、①甲府が敗戦、もしくは②名古屋が引き分け以下、で残留が決定。新潟が敗れた場合は、名古屋の負けが絶対条件で、そのうえで得失点差勝負になる。いずれにせよ、苦しい立場だ。
 
 しかも、甲府以上に台所事情が厳しい。L・シルバ、R・シルバ、舞行龍が出場停止で、さらに、期限付き移籍の条件で野津田も出場できない。主力4選手を欠く非常事態で、負傷で別メニューの選手を除くと、所属するすべての選手が試合メンバーに入る状況だ。
 
 なおかつ、対戦相手の広島には、2012年5月のJ1・9節(1-0)を最後に勝ち星がない。新潟は、もっとも不安要素を抱えたチームと言えるかもしれない。
 
●16位・名古屋 勝点30 得失点差-18
最終節の対戦相手:湘南@パロ瑞穂
 
 名古屋の残留条件は、勝った場合は、①磐田=敗戦、②甲府が引き分け以下、③新潟が引き分け以下、のどれかを満たせば残留。ライバル3クラブすべてが勝利した場合、新潟との得失点差勝負になる。
 
 また、引き分けの場合は、①甲府が敗戦、もしくは②新潟が敗戦、で残留が決定。名古屋が敗れた場合は、新潟の負けが絶対条件で、そのうえで得失点差勝負になる。
 
 対戦相手の湘南はすでに降格が決まっている17位のチームだが、名古屋は第1ステージで1-2と敗戦。ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)でも0-1で敗れている。まったく油断できない、ヒリヒリした試合になることが予想される。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ