混沌のJ1残留争い!磐田、甲府、新潟、名古屋の"残留条件"を完全解説

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年11月03日

磐田は勝つか引き分けで自力での残留が決まる。

 混沌としているJ1残留争いが、本日のJ1第2ステージ17節で、いよいよ決着する。対象となっているのは、磐田、甲府、新潟、名古屋の4クラブ。ここでは、それぞれの残留条件を改めて整理した。
 
 まず、現在の年間順位は以下のとおりだ。
 
順位  クラブ名 勝点 得失差
13   磐田   33  -14
14   甲府   31  -25
15   新潟   30  -15
――――J1残留ライン――――
16   名古屋  30  -18
 
●13位・磐田 勝点33 得失点差-14
最終節の対戦相手:仙台@ユアスタ
  もっとも残留に近いのは、13位の磐田だ。磐田は、勝つか引き分けで、自力での残留が決定。負けても甲府、新潟、名古屋の3クラブとも勝利しなければ、残留が決まる。仮に3クラブとも勝利すると新潟に得失点差で抜かれることが確実なため、名古屋との得失点差勝負だ。
 
 ただ、磐田は今節対戦する仙台に第1ステージで3-0と勝利しており、悪いイメージはないはず。アウェーゲームというのは気になる点だが、二日前に現地入りするなど周到に準備を整えている。様々な条件を考えても、やはり他の3クラブより、優位な立場にいると言っていいだろう。

●14位・甲府 勝点31 得失点差-25
最終節の対戦相手:鳥栖@中銀スタ
 14位の甲府も自力で残留を勝ち取ることができるチームのひとつだ。
 
 最終節の相手、鳥栖に勝てば自力での残留が決定。引き分けの場合は、新潟、名古屋がともに引き分け以下なら残留で、負けた場合でも新潟、名古屋のどちらかが負ければ条件をクリアする。

 甲府はM・パラナが左足首を痛めて欠場の見込みで、左膝に不安を抱えるFWドゥドゥも時間限定の途中起用が濃厚。決して万全の状態ではない。とはいえ、ホームで戦えるのは大きなメリットだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ