【Jリーグ最終節】川崎がG大阪に痛恨の逆転負け…。年間1位の座を逃がす

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年11月03日

長谷川のゴールで先制、三好が追加点を挙げるも、2分間で同点に追いつかれ…。

優勝したU-19アジア選手権での疲れも見せず先発した三好。2点目をゲットした。写真:田中研治

画像を見る

[J1第2ステージ17節]川崎 2-3 G大阪/11月3日/等々力

【写真】長谷川がリーグ初得点、三好が凱旋ゴールも…

 J1リーグは11月3日、第2ステージ17節の9試合が、13時30分からの一斉開催で行なわれた。

 等々力競技場では、年間1位の可能性を残す川崎フロンターレとガンバ大阪の一戦が行なわれ、3-2でアウェーのG大阪が逆転勝利。川崎は年間2位となった。

 試合は、立ち上がりの6分に早くも川崎が先制。大久保のシュートのこぼれ球を長谷川が蹴り込んだ。さらに18分にはエウシーニョのアシストから三好が左足でゴールネットを揺らし2点目。川崎が2-0とリードした。

 37分には、エウシーニョが決定的なシュートを放つが、枠を外してチャンスを逸した。

 前半は2-0で終了。川崎がシュート11本、枠内シュート5本を放ったのに対し、G大阪はシュート1本、枠内シュート1本に留まり、一方的な展開となった。

 後半立ち上がりも川崎がリズムを掴む。ペナルティエリア付近から三好が狙い澄ましたシュートを放つ。しかし、これは惜しくもポストに阻まれた。

 一方のG大阪も井手口、遠藤を中心にパスが回り始め、反撃を開始。65分、阿部がこぼれ球を押し込み1点差とすると、直後の66分には呉屋のシュートのこぼれ球を井手口が押し込み、ゴールネットを揺らす。G大阪が瞬く間に2点差を追いついた。

 さらにG大阪は76分、中央で井手口からのパスを受けたアデミウソンがターンから強烈なミドルシュート。これが川崎ゴールに突き刺さり、G大阪が3-2と逆転に成功する。

 同点に追いつきたい川崎は78分、三好に代えて森本を投入する。しかし、再三ゴールに迫るも、得点を奪うことができない。

 結局、川崎はG大阪に2-3で敗れ、勝点を積み上げることができず。川崎が年間2位となっている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ