【U-19アジア選手権|日本0(5PK3)0サウジアラビア|採点・寸評】PK戦を制し、歴史的快挙達成!! MOMは果敢に仕掛け続けた神戸のSB

カテゴリ:日本代表

橋本啓(サッカーダイジェスト)

2016年10月31日

フィジカルで上回る相手の圧力に屈し、軒並み低評価に。

大会のMVPに選出された堂安。決勝でも高い技術を見せつけてくれた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

MF
17 市丸瑞希 5(75分OUT)
これまでとは個の質が異なる相手ともあって、さすがに自由にはプレーさせてもらえなかった。体格で上回る相手との競り合いで後手を踏むのも致し方なかったか。
 
10 坂井大将 5.5
相手とのミスマッチを承知で果敢にチャレンジ。球際でボールを奪い切るシーンはほぼなかったが、泥臭く攻守に奔走する姿勢は良かった。
 
8 三好康児 5(60分OUT)
打開力、プレースキックともに脅威を示せず、不完全燃焼に終わったのは否めない。脚を負傷した影響もあり、後半途中でピッチを去った。
 
15 堂安 律 5.5
フィジカルにおける分の悪さが出てしまった印象。プレスバックからの守備は効果的だったが、打開力を発揮できなかったのは残念でならない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ