• トップ
  • ニュース一覧
  • 【総体】「東福岡より強い…」九州の雄も脱帽する市立船橋の強さ。とりわけ光るMF高の攻撃センス

【総体】「東福岡より強い…」九州の雄も脱帽する市立船橋の強さ。とりわけ光るMF高の攻撃センス

カテゴリ:高校・ユース・その他

平野貴也

2016年07月29日

「バランスを保ちながらチャンスがあれば点を取りたい」

ボランチとして攻守のバランスをとるだけでなく、最前線に飛び出してゴールも狙うと語る高。今後のパフォーマンスも期待される。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 市立船橋は、すでにDF杉岡、原のプロ入りが濃厚となっているが、高もプロ入りを目指すひとり。スペースの使い方が上手いため、玄人好みの選手で関係者の評価は高い。
 
 朝岡隆蔵監督も「ボランチでリズムを作ってほしいし、前で点も取ってほしい。だから、彼の負担は大きいけど、それを意気に感じてやれる選手。最後に決め切るところはまだ足りないけど、あれだけ走れる選手はなかなかいない。肝になる選手」と高のプレーを高く評価している。
 
 ただし、プロの世界は厳しく、小柄であることをネックに感じさせない材料が必要になる。高も、その点は十分に承知している。
 
 自身もさらに仕事を増やす意欲を示している。
「準々決勝以降は、これまでの3試合以上に力を発揮したい。ここまで、個人的にボールに関わり続けたり、守備でボールを奪ったりすることはできている。でも、やっぱり得点という結果が欲しい。ボランチのバランスを保ちながらチャンスがあれば取れるように意識してやりたい」
 
 準々決勝以降は、注目度が上がる。そのなかでも、スペースを使い、展開力を見せ、さらにゴールを奪うという大車輪の働きを見せられるか。小粒でも確実に効き目のある攻撃の核として機能する高のプレーに注目したい。
 
取材・文:平野貴也(フリーライター)
 
【関連記事】
【総体】都道府県別出場選手数ランキング|1位は東京。岡崎、香川を輩出したあの県が健闘。王国・静岡は意外にも…
【総体3回戦】王者撃破の昌平がPK勝ちで8強入り! 市立船橋、青森山田なども準々決勝へ
Jクラブ注目の高校ナンバー1FW――岩崎悠人は、どのクラブを選ぶのか
Jクラブ最注目の高校ナンバーワンDF・杉岡大暉。市立船橋の大黒柱が面食らったFWとは?
巧さだけでは通用しない――久保建英という才能に“森山イズム”がさらなる磨きをかける

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ