ガーナ代表のギャンもターゲットに!? Jリーグ「夏の移籍市場」は中国ルートに注目!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年07月21日

Kリーグのドラフト制度廃止で韓国人有望株の加入が困難に?

韓国代表としても活躍するキム・ヨングォンは全州大からFC東京に加入し、大宮を経て広州恒大へ。ドラフト制の廃止により、韓国の金の卵の価値は急騰しており、キム・ヨングォンのような例は、今後は減ると推測される。(C) Getty Images

画像を見る

 また今後、Jリーグに影響を及ぼすのが韓国の制度変更だ。ドラフト制が昨年廃止されたのに伴い、有力な学生選手の市場価格が急騰している。将来代表を狙える逸材でも、以前は育成費を含めて総額2000万円前後で獲得できたが、現在では2倍近い値段に膨れ上がっている。
 
 今年のデンソーカップで活躍した延世大の大型CBキム・ミンジェに複数のJクラブが興味を示したが、韓国ビッグクラブとのマネーゲームに勝ち目はなく、早々に撤退。J経由で代表入りしたキム・ヨングォン(広州恒大←大宮)、チャン・ヒョンス(広州富力←FC東京)のようなケースも、今後は減るだろう。
 
 上海上港のフッキ獲得など中国市場は活気を帯びてきており、Jへの連鎖反応はこれから本格化する気配もある。
(『サッカーダイジェスト』2016年7月28日号より転載)
 

7月14日発売号のサッカーダイジェストは、内田選手の巻頭インタビューを掲載。それに続く特集は、今夏の注目銘柄と題して話題の選手30人の去就動向をチェック。乾選手、酒井宏選手、植田選手のインタビューに加え、クラブダイジェストでは松本山雅、好評連載中のプロフットボーラ―の肖像では「2008年」の大谷選手を取り上げています。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ