フッキやペッレなど“爆買い旋風”再び! 中国リーグの今夏移籍金トップ10

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年07月19日

中国の羽振りの良さはやはり桁違いだ。

フッキに対して上海上港がゼニトに支払った5580万ユーロ(約67億円)は、世界全体で見てもここまでの今夏ナンバー1だ。(C)Getty Images

画像を見る

 中国の今夏の移籍市場が、7月15日に終了した。中国スーパーリーグは3月に開幕し、11月に閉幕するため、補強のメインはあくまでも冬。実際に今冬にはエセキエル・ラベッシ(パリSG→河北華夏幸福)をはじめ、ジェルビーニョ(ローマ→河北華夏幸福)、ラミレス(チェルシー→江蘇蘇寧)、フレディ・グアリン(インテル→上海申花)、ジャクソン・マルティネス(アトレティコ・マドリー→広州恒大)、アレックス・テイシェイラ(シャフタール→江蘇蘇寧)などハイレベルな選手たちが、続々とヨーロッパから中国へと新天地を求めた。
 
 それと比べると数的には見劣りするものの、今夏も多くの有名選手が“チャイナ・マネー”によって引き抜かれていった。
 
 移籍金トップ10の1位は、ブラジル代表FWのフッキ(ゼニト→上海上港)の5580万ユーロ(約67億円)だ。アジアの最高額で、世界全体で見ても今夏のナンバー1。盛り上がるのはこれからとはいえ、ヨーロッパのここまでの1位がマッツ・フンメルス(ドルトムント→バイエルン)の3800万ユーロ(約46億円)であることを考えれば、中国の羽振りの良さがいかに桁違いかが分かる。
 
 さらに、EURO2016でイタリア代表のエースを務めたグラツィアーノ・ペッレ(サウサンプトン→山東魯能)の1525万ユーロ(約18億円)、ナイジェリア代表のアンソニー・ウジャー(ブレーメン→遼寧宏運)の1150万ユーロ(約14億円)、先のコパ・アメリカ・センテナリオで9番を背負い、欧州上陸も噂された22歳の逸材ロヘル・マルティネス(ラシン・クラブ→江蘇蘇寧)の890万ユーロ(約11億円)も、推定市場価格を大幅に上回っている。
 
【中国スーパーリーグの今夏移籍金トップ10】
1位:FWフッキ(ゼニト→上海上港/5580万ユーロ)
2位:FWグラツィアーノ・ペッレ(サウサンプトン→山東魯能/1525万ユーロ)
3位:FWアンソニー・ウジャー(ブレーメン→遼寧宏運/1150万ユーロ)
4位:FWロヘル・マルティネス(ラシン・クラブ→江蘇蘇寧/890万ユーロ)
5位:FWマリック・エブナ(アル・アハリ→天津泰達/725万ユーロ)
6位:MFエラン・ザハビ(マッカビ・テル・アビブ→広州富力/723万ユーロ)
7位:FWパピス・デンバ・シセ(ニューカッスル→山東魯能/585万ユーロ)
8位:FWアラン・カルデッキ(サンパウロ→重慶力帆/500万ユーロ)
9位:DFホン・ジョンホ(アウクスブルク→江蘇蘇寧/400万ユーロ)
10位:FWジャン=フィリップ・メンディ(マリボル→石家荘永昌/200万ユーロ)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ