• トップ
  • ニュース一覧
  • 【G大阪】「練習は嘘つかへん」遠藤や丹羽がパトリックを称賛!一方の長谷川監督は「調子に乗っては困る」

【G大阪】「練習は嘘つかへん」遠藤や丹羽がパトリックを称賛!一方の長谷川監督は「調子に乗っては困る」

カテゴリ:Jリーグ

2016年07月10日

「やっぱり練習は嘘つかへんっていうところを証明してくれた」(丹羽)

 冗談交じりに、パトリックの“左足シュート”をいじったのがCBの丹羽だ。
 
「練習では見たこともない左足のシュートが、試合で見られてびっくりした(笑)。ただ、ヘディングはパトらしかったけど。本人が一番安心したでしょうし、僕らも点を取ってほしい気持ちでいた。ガンバは夏場以降、調子が上がってくる傾向にあるなか、パトの得点というのは、チームにとって大きい。間違いなくチームは勢いづく」
 
 丹羽が何より称えたのは、パトリックの試合に臨む姿勢だった。「居残りトレーニングをやっていたし、僕はそういうところも見ている」と語り、「昨日もずっと居残りでシュート練習をしていた。そういう姿勢が結果に結びつくと思う」と賛辞を送る。
 
 そして、丹羽はこう総括した――「やっぱり練習は裏切らへん」と。
 
「やっぱり練習は嘘つかへんっていうところを証明してくれた。そういうのを、若い選手や試合に出ていない選手が見て刺激を受ければ、それがチームの力になる。そういう意味でも、あの2点は大きかった。パトに2発生まれて、アデも刺激される。FW陣が活性化され、良い競争が生まれるのは、チームとしてもすごく良いこと」
 
 もっとも、長谷川監督はパトリックの働きを評価しつつ、冷静に現状を見つめて、厳しい言葉も残している。
 
「パトのために、選手やスタッフが居残りで練習に付き合った。それを忘れないでほしいなと(笑)。みんながパトリックに取ってもらいたいと思っていた。(2ゴールで)調子に乗ってもらっては困る。前半戦(第1ステージ)も頑張っていたが、引き続き結果を出してもらいたい」
 
 チームは2試合連続3ゴールと好調をキープ。ブラジル人ストライカーの復調で、さらに勢いに乗るか。三冠を達成した14年のように、夏場からの快進撃に期待が懸かる。
 
取材・文:大木 勇(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【G大阪】GK東口が“ポロリ失点”の失態も、丹羽は「ヒガシがやらかす時は勝っている」
【G大阪】宇佐美移籍でチームに復調の兆し!? 好調を支えるキーワードは「シンプル」
【G大阪】ニュータイプのボランチ・倉田秋。近い将来、長谷部誠の後釜にもなり得る
【G大阪】長谷川イズムが復活! 阿部と大森が躍動し、丹羽も手応え「三冠時の感じ」
【G大阪】2試合3発の強力セットプレー! 「宇佐美→遠藤」のキッカー交代で好転!?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ