【磐田】“名波イズム”の体現者・宮崎智彦が説くスタイル貫徹の重要性

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年07月07日

「相手に合わせるのではなく、自分たちのスタイルを貫かないといけない」

J1で生き残るために鍵となるのが連動した守備。「相手に合わせるのではなく、自分たちから仕掛けていくような守備をもう少し出してきたい」と語る。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 広島戦ではシャドーや両WBとの距離感が悪く、アクションサッカーのベースとなる連動した守備がまったく機能せず。宮崎も両サイドのスペースの穴埋めに追われ、リンクマンとして不完全燃焼に終わった。それでも、昨季王者相手に「何もできなかった」前半から後半に盛り返した点は、次節の大宮戦につながると前を向く。
 
「(広島戦の)後半は連動した守備が少しずつ出てきて、相手も嫌がっていたかなと。広島の強さを痛感させられた反面、自分たちにとっては今後につながる試合でもありました。練習では(引いて)構える守備はやっていないので、自分たちのスタイルを貫かないといけない。これからJ1を戦っていくうえで、相手に合わせるのではなく、自分たちから仕掛けていくような守備をもう少し出してきたいと思います」
 
 3年ぶりのJ1で揉まれながら、残留、そしてアクションサッカーの完成を目指して――。宮崎という頼れる黒子役がいる限り、磐田の行く先には必ずや光が射しているはずだ。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)

6月23日発売号のサッカーダイジェストの特集は、J1全18クラブの補強&改善計画書。今季前半戦の戦いぶりを振り返りつつ、第2ステージに向けた強化ポイントを探ってみました。インタビューでは、大宮の家長選手、柏の中村選手が登場。クラブダイジェストでは、熊本を取り上げています。

画像を見る

【関連記事】
【磐田】小林祐希が完敗したチームに“喝”。「こんなしょぼいサッカーを見せられたら…」
【広島】ピッチ上の指揮官“ドクトル・カズ”が語る3-5-2システムの可能性
広島の新システムを影で支えるスーパーリベロ千葉の「不変の哲学」
アーセナル移籍の舞台裏――浅野が広島を離れる決断をした理由
大争奪戦勃発、元川崎FWレナトがJリーグ復帰か? 移籍先候補は鹿島、G大阪、FC東京!?
【J1採点&寸評】広島×磐田|柴﨑とウタカの“SUコンビ”が爆発。広島が快勝で好スタートを切る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ