【広島】ピッチ上の指揮官“ドクトル・カズ”が語る3-5-2システムの可能性

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年07月05日

「上位の相手に戦って、結果を出してこそ、自分たちのオプションのひとつになる」

次節は第1ステージ覇者の鹿島と激突。前回対戦では1-4と大敗を喫しており、広島の面々はリベンジを期す。新システムの可能性を測るうえでも重要な一戦だ。 写真:徳原隆元

画像を見る

 試合途中でシステム変更した浦和戦を除けば、直近の2試合は中位や降格圏に沈んでいるチームが相手だ。前線からのプレッシャーも甘く、2トップ+2シャドー、両WBが自由に仕掛けられた。しかし、次節で相見えるのは強豪・鹿島。リーグ最少失点、得点力でもリーグ3位を誇る第1ステージ覇者に通用してこそ、初めて新システムに目途が立ったと言えるだろう。それは、森﨑和も重々承知している。
 
「今の形で結果が出ているからといって、『自分たちのモノになった』と勘違いしないようにしたいですね。上位の相手に戦って、結果を出してこそ、自分たちのオプションのひとつになるかなと。次の試合が本当に大事になると思います」
 
 鹿島のステージ優勝を見て、「悔しい想いが湧く」とともに、もう一度優勝を味わいたい衝動に駆られたという。チームは台所事情が苦しいが、前向きに、目の前の一戦一戦に集中するスタンスを貫くつもりだ。
 
「怪我人が多い状況ですけど、逆に今いるメンバーで勝ってやろうという気持ちにみんながなっている。それが(今の)良い結果につながっているのかなと。怪我人が戻ってきたら、また良い競争が生まれて、チームがまたひとつレベルアップできると思います。年間1位を狙って行ければ、自然と第2ステージ優勝も見えてくるはずなので、今まで通り一戦一戦、勝点3を取れるように頑張っていきたいです」

 いよいよ、リーグ王者の“逆襲”が始まろうとしている。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
広島の新システムを影で支えるスーパーリベロ千葉の「不変の哲学」
アーセナル移籍の舞台裏――浅野が広島を離れる決断をした理由
【磐田】“名波イズム”の体現者・宮崎智彦が説くスタイル貫徹の重要性
【磐田】小林祐希が完敗したチームに“喝”。「こんなしょぼいサッカーを見せられたら…」
【J1採点&寸評】広島×磐田|柴﨑とウタカの“SUコンビ”が爆発。広島が快勝で好スタートを切る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ