【J2クラブの「財政力」】千葉の広告収入は、FC東京を上回る”J1強豪クラス”。入場料収入は大きな格差が…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年04月22日

際立つ入場料収入の格差。4位の札幌までが3億円台を計上するも、10位の岡山以降は…。

山口の14年の入場料収入は1200万円。J2に舞台を移した今季は、この数字がどこまで伸びるのか。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 入場料収入で際立つのが「格差」だ。14年までの5年間の合計額を比較すると、4位の札幌までが3億円台を計上し、10位の岡山以降はその半額以下。地方クラブほど観客動員に苦しんでいる実情が分かる。
 
 一方の広告料収入では、5年間J1にいたC大阪を千葉が上回った。しかも千葉の総額は、FC東京を上回る”J1強豪レベル”に相当する。合計額はC大阪が清水を僅差で上回り1位に。親会社の有無が影響するとはいえ、J1経験クラブの地力が感じられる結果が出た。
 
【入場料+広告料】
1位 C大阪 19億9100万円
2位 清水 19億3000万円
3位 千葉 16億6600万円
4位 京都 15億7800万円
5位 徳島 9億2400万円
6位 札幌 7億9300万円
7位 横浜FC 7億5500万円
8位 松本 6億2200万円
9位 東京V 5億9600万円
10位 岡山 5億3600万円
11位 長崎 4億9200万円
12位 山形 4億9100万円
13位 熊本 3億7500万円
14位 岐阜 3億2100万円
15位 北九州 3億1600万円
16位 群馬 2億8200万円
17位 町田 2億5900万円
17位 愛媛 2億5900万円
19位 水戸 2億600万円
20位 金沢 2億500万円
21位 讃岐 1億7000万円
22位 山口 1億2000万円
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ