• トップ
  • ニュース一覧
  • 「本当にタフ」「日本とは桁が違う」高丘陽平が語るMLSのリアル。助っ人守護神の難しさも「普通じゃ駄目。常に問いかけている」

「本当にタフ」「日本とは桁が違う」高丘陽平が語るMLSのリアル。助っ人守護神の難しさも「普通じゃ駄目。常に問いかけている」

カテゴリ:海外日本人

有園僚真(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年05月10日

「日本では感じられないところがたくさんある」

マリノス加入3年目の2022年、フルタイム出場でJ1制覇に大きく貢献。ベストイレブンにも輝いた。写真:田中研治(サッカーダイジェスト写真部)/滝川敏之

画像を見る

 不動の守護神として好守を連発し、タイトルも獲得。傍から見れば、順調な海外キャリアに映るが、本人の感触的にはどうなのだろうか。

「『良いプレーしているね』って言ってくれる人もいるんですけど、自分としてはもっともっと成長していきたいです。ここまで多くの試合に出させてもらっていますが、ただ試合に出るだけじゃなくて、僕は外国籍の選手、いわば外国人助っ人なわけなので、普通のプレーをしているだけじゃ駄目。チームを勝利に導くスペシャルなものがないと、外国人選手としては物足りないと思うので、そこは常に自分に問いかけながらやっていますね」

 一般的に、欧州の主要リーグと比べると、MLSは日常的に触れる機会が少なく、未知な部分も多い。高丘は現地でプレーするなかで、「本当にタフなリーグ」と日々感じているようだ。
 
「もちろん選手の質も高いですし、あとは移動の大変さ。日本だったら横浜で言えば飛行機で最大2、3時間だと思うんですけど、こっちだと4、5時間かかったりしますし、時差もあって、アウェーの地に着いたら22時、23時なんてことも全然あります。

 ピッチ外でのタフさは非常に感じますし、日本では感じられないところがたくさんあるので、非常にタフなリーグです。日本人が全員こっちに来て簡単に活躍できるリーグかと言われたら、そんなリーグではないと思います。クオリティがないと来られないですし、活躍するのはそんなに簡単ではありません」

 プレー面の特徴はどうか。

「特徴は各クラブによってある程度、違うんですけど、全体的にはより直線的にゴールに行くイメージです。日本のようなポゼッションを志向しているチームもありますけど、数がJリーグほど多くないと思います。前線にはパワーとスピードのある、個の能力の高い選手がいるので、そういう選手を有効に使ってくる印象がありますね」

【動画】「カナダに来て驚いた事の1つ」高丘陽平が仰天!MLSで躍動するロボット
【関連記事】
高丘陽平は桁違いのMLSで何に驚いた? 現地で感じる大谷人気、サッカーの立ち位置、日本人GKの危機感も「レベルは上がっていかない」
「面白かったのは…」メッシの英語力をマイアミ同僚がぶっちゃけ! お茶目な性格も明らかに!ブスケッツはMLSに興味津々
「日本と全く違う。韓国はすごく…」齋藤学が海外との差を激白!豪州の野球人気度に衝撃「マナブ明日、野球見んだってさ!みたいな」
プロ入り直後は英語もダメだった川島永嗣が、7か国語を操れるようになるまで。なぜ今も学び続ける? 最も難しいのは「フランス語」と即答
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ