【なでしこジャパン】リオ五輪出場への鍵とは? 最終予選直前キャンプで示された強化ポイント 

カテゴリ:日本代表

馬見新拓郎

2016年02月19日

スローインからの得点パターンを強化。

4年前のロンドン五輪では銀メダルを獲得。再び本大会へと勝ち進めるか。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 また今回の合宿では、攻撃面の確認にも時間を割いた。そのなかで特に力を入れたのが、相手陣内の深い位置でのスローインからゴールを狙う形だ。
 
 実はなでしこリーグでは、スローイン直後のプレーで敵にボールを奪われることが非常に多く、チャンスにつながらない点が問題となっている。
 
この事態を「相手のマークが固い時にも、慌てて投げてしまうことが多い」と、MF宮間あや(湯郷ベル)は指摘する。
 
だからこそ、MF川澄奈穂美(INAC)は「スローインはCKやFKと比べて、相手の守備陣の注意が散漫になる。少し遠い中盤の選手がボールを受けて、逆サイドに展開することもできる。出し手と受け手が感じ合えているかが大切。スローインはもっと高めていくべきところ」と強化に意欲を見せる。
 
 最終予選では、引き分けを狙い、自陣に引いてくる相手もいるはずだ。五輪や女子ワールドカップなどの長期大会では、スローインの形も研究されてしまうが、今回の最終予選は10日間で5試合の短期決戦となるだけに、スローインを得点に直結させようとする考えは、非常に理にかなっている。リオへの戦いのなかでその成果を見せてほしい。
 
取材・文:馬見新拓郎(フリーライター)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ