【リーガ現地コラム】覚醒した「ニュー・イスコ」。22歳の新鋭ファンピがマジカルなプレーでマラガを躍進に導く!?

カテゴリ:連載・コラム

豊福晋

2016年02月11日

大幅なステップアップの可能性が早くも囁かれ始める。

21節のバルサ戦から3戦連発と絶好調のファンピ。22節のこのエイバル戦では、先制ゴールを叩き出して4試合ぶりの勝利の立役者に。(C)Getty Images

画像を見る

 ポジションが重なるある選手の移籍も、ブレイクの呼び水となった。この冬のマーケットでプレミアリーグのワトフォードへと去ったノルディン・アムラバトである。

 アムラバトの退団により、マラガは戦力ダウンを余儀なくされると指摘されていた。しかし実際には、ファンピの出場機会を増やし、結果的にこの逸材の才能を引き出したのである。ちなみにアムラバトの移籍金は840万ユーロ(約1億1760万円)。マラガは非常に賢い選択をした。

「あいつの才能とテクニックははてしない。これからどれだけ伸びるか、本当に楽しみだ」

 とは、ファンピとともにマラガの堅調を支えるシャルレスのコメントだ。

 ハビ・グラシア監督の評価も高く、「ファンピはもっとできる。彼には厳しいく」と、さらなる成長に期待している。

 いまスペインでもっとも騒がれている若者が、今後もハイパフォーマンスを続ければ、マラガの後半戦は安泰だ。そしてその先に待っているのは――。

 先輩イスコのような大幅なステップアップの可能性が、早くも囁かれ始めている。


文:豊福晋

【著者プロフィール】
豊福晋/1979年、福岡県生まれ。2001年のミラノ留学を経て、フリーで取材・執筆活動を開始。イタリア、スコットランドと拠点を移し、09年夏からはスペインのバルセロナに在住。リーガ・エスパニョーラを中心に、4か国語を操る語学力を活かして欧州フットボールシーンを幅広く、ディープに掘り下げている。独自の視点から紡ぐ、軽妙でいて深みのある筆致に定評がある。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ