【浦和】ベストはどこか? ボランチ、ストッパー、リベロ…U-23日本代表主将・遠藤航の活用3パターンを徹底検証する

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年02月02日

活用パターン2/即効性が高い「ストッパー」起用

森脇が3年間レギュラーを務めてきた右ストッパーが、遠藤本来の主戦場。森脇はWB起用が増える? (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

活用パターン2/即効性が高い「ストッパー」起用

 湘南の曹監督の下で5年間、浦和と同じ3-4-2-1の右ストッパーを主戦場としてきた。ボールを奪えば状況に応じて攻撃に加わり、スペースに入り込めればシュートも狙う。浦和とスタイルは幾分異なるものの、役割は似ている。

 リオ五輪最終予選を戦った遠藤が、浦和に合流するのは2月8日を予定している。それから約2週間後の2月24日にACL開幕(ホームでシドニーと対戦)を迎えるため、すぐフィットできるストッパー起用は、高い即効性が見込めるなど利点も多い。

 仮にそうなれば、森脇の右WB、関根の左WB起用など、15シーズンの主力組の〝玉突き〞も起こり得る。

 一方、所属クラブではCB、スロベニア代表では右SBを主戦場としてきた新加入のイリッチはリベロを中心に、右ストッパーでも適性が試されている。イリッチが早い段階で浦和のスタイルにフィットできるかどうかも、遠藤(森脇らも)の起用法を左右するポイントになる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ