【日本 4-0 タイ|採点&寸評】先制弾の鈴木、流れを引き寄せた矢島、途中出場で2ゴールの久保が好印象。ただ、決勝トーナメント進出を決めるも“小さくない不安”が

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月17日

MOMは攻撃の起点となり、貴重な追加点を奪ったあの選手。

【警告】タイ=パコーン(11分)、ペラパット(63分)、トリスタン(78分) 日本=室屋 成(40分)
【退場】なし

画像を見る

今大会初先発の矢島は見事に1ゴール。手倉森監督の抜擢に結果で応えた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[MF]
3 遠藤 航 6.5

序盤はパスミスが見られたが、鈴木への見事なアシストで帳消しに。高い危険察知力でボールを奪い、中盤を引き締めた。

7 原川 力 5.5
パスカットからワンツーで前を向くなど中盤での動きはまずまず。後半には矢島のゴールを演出した。とはいえ、スルーパスはことごとくタイの守備網に引っ掛かった。
 
14 豊川雄太 5.5
フリーランを繰り返し、敵最終ラインの裏でボールを引き出した。だが、守備では後手を踏むなど課題が見えた。

21 矢島慎也 7 MAN OF THE MATCH
今大会初先発で上々のパフォーマンス。中盤中央でボールを捌いたかと思えば、ドリブルで右サイドを突破し、攻撃のリズムを作った。後半開始早々には貴重な追加点を奪った。

[FW]
9 鈴木武蔵 7 

45分の出場ながら身体を張って前線の起点として機能。チームがチャンスを決め切れないなか、遠藤からの縦パスに上手く反応して先制ゴールを叩き込んだ。

16 浅野拓磨 5.5
7分には裏に抜け出し、左ポスト直撃のシュートを放つ。しかし、時間を経るごとにプレーに絡む回数は減少。結果的にノーゴールと悔しさが残る結果になった。
 
交代出場
FW
20 オナイウ阿道 6

後半回開始から登場。直後に裏に抜け出して、矢島のゴールに絡むなど良いアクセント役になった。
 
MF
11 久保裕也 6.5

約20分で2ゴール。周囲との好連係で何度もタイの最終ラインの裏を取った。今後へ大きな期待を抱かせるプレーだった。

MF
18 南野拓実 -

ロスタイムを含め15分弱の出場ではアピールできず。走り回るも、なかなかボールが出てこなかった。

監督
手倉森誠 6.5

選手の入れ替えを示唆したとおり、北朝鮮戦から6人を変更。初先発した矢島がチームを勝利に導き、後半に起用したオナイウ、久保も結果を残す。采配は当たった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

 

キャプテンの遠藤は鈴木の先制点をアシストするなど及第点以上の働き。守備面ではピンチの芽を首尾よく摘んだ。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ