現地紙コラムニストが綴る――武藤嘉紀のブンデス挑戦記「マインツ指揮官が“ヨッチ”に寄せる信頼」

カテゴリ:連載・コラム

ラインハルト・レーベルク

2015年12月24日

狭まる武藤包囲網。

ウイングで起用された時に、武藤は改めてインテリジェンスを問われることになりそうだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 武藤は年内最後の2試合で無得点に終わった。しかしシュミットは、「メンタル面で疲れが見えた。さらに日本代表に参加するため、長距離移動をこなしてきたことも忘れてはならない」と“不振”のアタッカーを擁護。さらに、10節ブレーメン戦でDFとの激しい競り合いで足を痛め、「それからの彼は痛み止めを必要としていた」という事実を明かした。

 そして指揮官は、武藤に対する周囲の変化を次のように分析した。

「ヨッチのプレーを敵は研究してきている。ディフェンスラインの裏へ素早く飛び出す動きや、左サイドから切れ込んで右足でゴールを狙うプレーは、特に警戒が強くなっているよ」

 狭まる敵の包囲網をかいくぐるため、後半戦の武藤にはさらなるレベルアップが求められる。シュミットはウィンターブレイクを利用し、武藤に戦術面の指導を行なうという。

 またコルドバのCF起用に算段が立てば、武藤を4−2−3−1の左ウイング、もしくは4−4−2のセカンドトップに据える可能性がある。

ウイングとしてプレーする場合、武藤はディフェンスを学ばなければならない。相手のボールホルダーへのプレッシングに加え、自軍のSBが攻め上がってできたスペースをカバーするなど、これまで以上に長い距離を走る必要も出てくるだろう。

 ただ、指揮官は何も心配はしていない。「ヨッチならウイングでプレーするコツをすぐに習得できるはずだ」と、厚い信頼を寄せている。

文:ラインハルト・レーベルク
翻訳:円賀貴子

【著者プロフィール】
Reinhard REHBERG(ラインハルト・レーベルク)/『ライン新聞』で1987年から27年にわたってマインツの番記者を務める。現在はフリーで、「マインツァー・アルゲマイネ新聞」のコラムニストを務める一方、監督業を志す指導者に向けたコーチングも行なっている。マインツ出身、57年7月30日生まれ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ