現地紙コラムニストが綴る――武藤嘉紀のブンデス挑戦記「マインツ指揮官が“ヨッチ”に寄せる信頼」

カテゴリ:連載・コラム

ラインハルト・レーベルク

2015年12月24日

チームの総得点23のうち15点に絡む。

シュミット監督はチームの総得点の半数以上に絡んだ武藤を「ビッグサプライズ」と称賛した。 (C) Getty Images

画像を見る

 今年最後のプレス懇談会で、マルティン・シュミット監督は、シーズン開幕前にある苦悩があったことを明かした。プレミアリーグのレスターに移籍した岡崎慎司の抜けたCFの穴をどう埋めるかである。

 クラブは岡崎の後釜として3人のFWを獲得した。フロリアン・ニーダーレヒナー、ジョン・コルドバ、そして武藤嘉紀である。しかし、指揮官の不安はすぐには消えなかった。

 2部のハイデンハイムから加入したニーダーレヒナーは、頑強なフィジカルを誇っているものの、技術的にはまだ発展途上で1部で通用するレベルにはなかった。コルドバに至っては負傷の影響もあり、戦力として計算できるようになったのは最近だ。

 武藤に関してもシュミットは当初、欧州のトップリーグで結果を出すには、フィジカル面と戦術面のレベルアップが不可欠と感じていたという。また、言葉の問題に加え、初めての海外生活という点も不安要素だった。

 日本ではスターだったかもしれないが、マインツではしばらくはベンチウォーマーとしての立場を受け入れなくてはならないだろう。前半戦で4~5点挙げてくれれば御の字――。シュミットはそう考えていた。

 しかし蓋を開けてみれば、武藤が前半戦でベンチスタートだったのは、78分から出場したインゴルシュタットとの開幕戦だけ。その後の16試合はすべて先発で出場した。7得点、4アシスト。4度、ゴールの起点になったことも含めれば、マインツの総得点23のうち15点に絡んでみせた。

 そもそも武藤は、当初は本職のウインガーと考えられていたにもかかわらず、実際には常にCFで起用されてきた。身長178センチ・体重72キロの軽量級の選手が、自分より一回りも二回りも大きい重量級のCBと渡り合ってきたのである。「ヨッチ(武藤の愛称)はビッグサプライズだ。私の期待をはるかに越えてくれたよ」と、指揮官は武藤の順応性を称賛した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ